HOME > ニュースリリース

ニュースリリース

専用ソフトウェア『RECentral(Ver 3.x)』 での使用ができなくなるという症状の原因究明について


2017年8月時点

平素は弊社製品をご利用いただき、誠にありがとうございます。 

表題の件ですが弊社製品AVT-C878 / GC550 / C988の三機で  

症状1&2:
・「キャプチャーデバイスが使用されています(Device is Busy)」という表示が出て、

 専用キャプチャーソフトウェア『RECentral(Ver 3.x)』での使用ができなくなるという症状

 が発生しております
・『RECentral(Ver 3.x)』のファイル管理機能が利用できなくなるという症状が発生しております
症状3:
・デバイスが見つかりませんと表示されます 

症状1&2について:
- 8/08公開した『RECentral(Ver 3.x)』のVer 3.0.0.87(特別対処版)は
 「『RECentral』が使用できなくなる」と表示される現象を修正します。
- ダウンロード:
 AVT-C878:http://www.avermedia.co.jp/product_swap/avt-c878_download.html
 GC550:http://www.avermedia.co.jp/product_swap/gc550_download.html
 C988:https://www.avermedia.co.jp/product_swap/c988_download.html
- 手順:インストールした旧バージョンの『RECentral(Ver 3.x)』を一度アンインストールして、
 パソコンを再起動してから、『RECentral』のVer 3.0.0.87(特別対処版)
 をダウンロード・インストールし、『RECentral(Ver 3.x)』を起動して再試行して下さい。
- ACT-C878 / C988(ドライバー不要のキャプチャー製品)を使用する場合は、
 『RECentral』のVer 3.0.0.87(特別対処版)を使用しても、『RECentral』を使っている間
 (もしくは『RECentral』を起動する時)、「キャプチャーデバイスが使用されています…」
 というメッセージが出る、もしくは黒い画面が表示されて、使用ができなくなるという症状が改善されない
 場合は、以下の方法を確認して下さい: 
- 4/28公開した『RECentral』のVer 3.0.0.69はデバイスが見つかりませんと表示される現象を修正します。
1.『RECentra(Ver 3.x)』を起動する前に、現在起動している間にSkype・ブラウザ・サードパーティ製
 ソフトウェア(例:OBS Studio、XSplit…)などのアプリケーションを終了して下さい。
2. 『RECentra(Ver 3.x)』を終了して下さい。Windowsの「コントロールパネル」→「ハードウェア
 とサウンド」→「サウンド」→「録音」の順に選択し、(AVT-C878)「マイク – Live Gamer
 Portable 2」 / (C988)「デジタル オーディオ インターフェース AVerMedia Live Gamer
 HD 2」もしくは「ライン AVerMedia Live Gamer HD 2」が無効化にしていないことを、
 改めて確認して下さい。無効化にしている場合は、「有効化」にしてから、『RECentra(Ver 3.x)』
 を起動して下さい。無効化にしますと、AVT-C878 / C988は正常に使用できません。
3. Windows 10をご利用の場合には「RECentral(Ver 4.x)」の最新バージョンを使用してください。


症状3について:
- 4/28公開した『RECentral』のVer 3.0.0.69はデバイスが見つかりませんと表示される現象を修正します。
- ダウンロード:
 AVT-C878:http://www.avermedia.co.jp/product_swap/avt-c878_download.html
 GC550:http://www.avermedia.co.jp/product_swap/gc550_download.html
 C988:https://www.avermedia.co.jp/product_swap/c988_download.html
- 手順:インストールした旧バージョンの『RECentral(Ver 3.x)』を一度アンインストールして、
 パソコンを再起動してから、『RECentral』のVer 3.0.0.69(若しくはそれ以降の最新バージョン)
 をダウンロード・インストールし、『RECentral(Ver 3.x)』を起動して再試行して下さい。

楽しみにされていたお客様にはご迷惑をおかけし、申し訳ございません。
今後とも弊社製品をご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。


本件に対するお問い合わせ先:AVT.Japan@avermedia.com

↑ページ先頭にもどる