HOME > 製品情報 > キャプチャー製品 > AVT-C285

AVT-C285



c875

Q&A

接続・設定について         ストレージについて        

GameMateについて        録画について

再生・画質について         編集について

実況について                  YouTubeについて

更新・その他について

接続・設定について
AVT-C285に対応できるゲーム機は?

(2017年07月現在)
【HDMI接続時】 
・ゲーム機:PlayStation 4、PlayStation 4 Pro、Nintendo Switch、Xbox One、Xbox One S、
      Xbox 360、Wii U、ニンテンドークラシックミニファミリーコンピュータ

 

【コンポーネント接続時】
・PlayStation 3、PlayStation 2、PlayStation Portable、Wii


※ご注意:
・PlayStation 4を接続・録画・配信する場合は、必ずPS4を「システムソフトウェア バージョン1.70」
 以降にアップデートしてから、PS4側で「設定」→「システム」→「HDCPを有効にする」のチェック
 を外して、HDCP機能を解除して下さい(※但し、「HDCP検出機能」をオフにしても著作権保護
 されたコンテンツ、BD/DVDを録画・配信できません)。
・(PlayStation 4 Proなど)4K解像度の表示・録画・配信には対応しておりません。最大入出力解像度は
 「1080p」まで対応しております(HDRには非対応です)。詳しくはこちらへ
・PlayStation 3、Androidスマホ・タブレット、映像機器(BD/DVDプレイヤーなど)はHDMIケーブル
 で接続する場合は、HDMIから出力されたコンテンツはHDCPがかけられているため、録画ができません。
・PlayStation 3/2、Wiiの画面を録画する際、本製品付属の「ゲーム機接続用ケーブル 」をご利用下さい。

・PlayStation Portable用のコンポーネントケーブルは付属しておりません。別途ご用意下さい。
・AVT-C285の仕様制限の原因で、PlayStation2/1/Portableなどの古いゲームの解像度が低すぎる
 (解像度は480以下) / 対応しない場合は、映像の表示ができない(※黒い画面 / No Signal など

 が表示されます)、または正常に録画ができない可能性があります。 
・PlayStation Portable、iOSデバイスなどの機器との接続・録画では、出力映像画面サイズに制限がある

 ため、上下左右に黒枠が生じます。AVT-C285側は仕様により、黒枠を除去・調整する機能を搭載

 しておりませんので、 ご了承下さい。 
・AVT-C285の対応入出力解像度に対応しないビデオカメラ、メディアプレイヤー、業務用映像機器など

 のソース機器やモニター・テレビを使用する場合は、映像の表示ができない(※黒い画面 / No Signal

 などが表示されます)、または正常に録画ができない場合があります。
・他社製の映像変換コンバーター / スプリッタなどを使用する場合は、ご使用の機器の回路仕様などにより、

 AVT-C285の対応解像度が合っても対応できない場合もあります。

AVT-C285の電源を入れても画面が映りません。
・本体前面のHDMI若しくはYPbPrに緑色のランプが点灯しているかを確認して下さい。
・解像度480i以上の映像ソースをご利用ください。
AVT-C285の電源を切るとテレビ画面が映らなくなります。
下記の方法でパススルーの設定をして下さい。「メインメニュー」->「設定」ー>「A/V管理」->「パススルー」を有効にしてください。
HDMIとコンポーネントを同時に接続してもいいですか。
問題はありません。
両方の映像が同時に取り込まれたら、AVT-C285の映像ソース設定のとおりに映像を取り込みます。
テレビに「コンポーネント信号がありません」や「信号が検出されませんでした」というメッセージが表示されます。

テレビに映像信号が正しく出力されていない可能性があります。ゲーム機側の映像出力設定が、
お使いのテレビに適合しているかどうか一度ご確認ください。

PSPの画面を録画すると、黒枠が発生します。
PSPは、自体の出力映像解像度が480x272に制限されております。ご了承ください。
コンバーターからの映像ソースに対応しておりますか。
コンバーターの対応解像度がAVT-C285に合わなければ対応できません。しかし、コンバーターの回路デザインなどにより録画、再生ができない場合があります。ご了承ください。
ゲーム機をC285に接続しましたが、ゲーム機の出力映像解像度の切り替えがうまくできません。
ゲーム機を直接テレビに接続し出力映像解像度を切り替えてください。
その後、AVT-C285に再接続してください。
PS2の画面を録画できますか。
PS2の出力画面が480iの場合、問題なく録画することができます。
*PS1のゲームをご利用の場合は画面解像度が480i未満になることがあります。その際は録画ができかねます。ご了承ください。
もしゲーム機の出力端子を HDMIからコンポーネントに変える時、HDMIケーブルを抜くこと
が必要がありますか。

もしゲーム機の出力端子を HDMIからコンポーネントに変える時、必ずHDMIケーブルを抜いて、
それから、ゲーム機を再起動してください。

コンポジット入力(黄赤白端子)に対応していますか。
いいえ。必ずコンポーネント入力(赤緑青赤白端子)をご利用ください。
コンポーネント入力を使用の時、画面がおかしくなり、音声ノイズが発生しました。
画像伝送用の赤端子と音声伝送用の赤端子が正しく接続しているか確認して下さい。
録画画面でウォーターマークのロゴを消す方法はありますか。
はい、「メインメニュー」-->「設定」-->「ウォーターマーク」-->「オン/オフ」にて「オフ」にすれば、次回の録画からロゴが表示されません。
ウォーターマークの表示内容を変更できますか。
はい、まず「メインメニュー」-->「設定」-->「製品情報」にて「F1」を押すと表示名の変更画面に入ります。そこで表示名を変更します。 次に、「メインメニュー」-->「設定」-->「ウォーターマーク」-->「種類」にて「表示名」を選択すれば、次回の録画から表示内容が変更されます。
ストレージについて
ハードディスク(HDD)が認識されません。
以下ご確認下さい。
・対応ファイルシステムはNTFSのみです。
・最大対応容量は2TB以下です。

ご注意:AVT-C285はMBR形式のディスクのみ対応します。GPT形式のディスクをAVT-C285に接続する 
 場合は、認識ができない場合があります。その際は、GPT形式のディスクをMBRに変更してから再試行  
 して下さい。詳細な確認方法(GPT形式のディスクをMBRに変更する手順)はこちらへ

設定が正しく行われているか確認して下さい。下記の方法で確認して下さい:
① リモコンの「MENU」ボタンを押して、メインメニューの画面で、【設定】→【ディスク管理】
  →【ディスクの設定】と進み、設定を確認します。HDDが正しく取り付けされているか確認し、
  AVT-C285を再起動して下さい。
② 電源の供給が安定しているかを確認して下さい。録画中に不安定になると失敗します。また、
  HDDも認識しなくなる場合があります。
③ HDDは必ずNTFS形式でフォーマットして下さい。
  お使いのHDDのファイルシステムがNTFS以外(EX:FAT32 / exFAT / OSX拡張など)で
  フォーマットされている場合、若しくは一つのHDDをパーティション分割している場合、
  AVT-C285はHDDを認識できません。改めてNTFSでフォーマット済みのHDDをご利用頂くか、
  若しくはHDDを「NTFS形式」で初期化できるソフトウエアをご用意いただき初期化を行って
  から、AVT-C285とセットアップして再試行して下さい。
  ※HDDをフォーマットするには、「HP USB Disk Storage Format Tool」というPCソフト
   でHDDをNTFSへフォーマットすることをお薦めします。
   - ソフトのダウンロードはこちらへ
   - 詳細の操作内容はこちらへ
④ AVT-C285は全ての市販のHDDに対応することを保証できませんので、もし上述のことを行っても
  使用ができなければ、別のHDDを交換して下さい。

【ご注意】
※USB2.0/USB3.0の外付けHDDをお勧めします(USB1.0のUSBディスクには対応しておりません)。
※自動暗号化機能や省電モード搭載のHDDに対応しておりません。
※ネットワークアタッチトストレージ(NAS)システムに対応しておりません。
※HDD以外の記憶媒体(DVDドライブ等)へ直接録画することはできません。
※USBハブを使用したHDDへの接続には対応しておりません。
※ファイルの破損などを避けるため、取り外す際はUSBディスクを抜く前にメニュー画面で[F1]を押し、
 安全な取り外しを実行して下さい。
※ファイルの破損などを避けるため、内蔵ディスクを取り付ける・引き出す前に、必ず電源をオフして、
 ACアダプターを抜いて下さい。
※AVT-C285は全ての市販のHDDには対応することを保証できません。もしご使用のHDDは対応できない
 場合は、別のHDDと交換して下さい。
※HDDに記録されたデータの消失・破損に関して、当社は一切その責任を負いかねますのであらかじめ
 ご了承下さい。
※HDDの寿命や事故によりデータが消失する恐れがありますので、HDDのデータは定期的にバックアップ
 を行って下さい。
AVT-C285からUSBディスクを安全に取り外す際のご注意。
AVT-C285からUSBディスクを取り外す際は、次の手順で行って下さい:
 ・Step1. リモコンの「MENU」ボタンを押して、メニューを開きます。
 ・Step2. 「メインメニュー」の画面で、付属リモコンの[F1]ボタンを押して下さい。
 ・Step3. [F1]ボタンを押した直後はAVT-C285内部でUSBディスクを取り外す処理を行っています
      ので、「ディスクを外す、お待ち下さい…」というメッセージが表示されてから約数秒
      待って下さい。
 ・Step4. 「USB接続ディスクを取り外せました、USB接続ディスクを安全に取り外す準備が
      できました。」というメッセージが表示されてから、USBディスクを抜いて下さい。

【注意】
※正しい手順で行われないと、USBディスク内のデータが壊れる可能性があります。
※AVT-C285の電源が切れた状態の場合は、いつでも取り外すことができます。
AVT-C285から内蔵ディスクを安全に取り外す際のご注意。
ファイルの破損などを避けるため、内蔵ディスクを取り付ける・引き出す前に、必ず電源をオフして、
ACアダプターを抜いて下さい。

※電源を切った直後は、HDDは熱を持っています。内蔵ディスクを取り外す際は、やけどをしない
 よう電源を切った後10分程度置いてから作業して下さい。
メインメニューのディスクアイコンに感嘆符(!)が現れています。
HDDが正常に設置されていないか、HDDの仕様が対応できないという表記です。
お薦めのHDDはありますか。
弊社検証したAVT-C285に対応できるHDDは下記です:
【参考日付:2017/02】

- WD WDBY8L0020BBK-01 (USB3.0 / 2TB)
- WD WDBBEP0010BBK-01 (USB3.0 / 1TB)
- WD WDBUZG0010BBK (USB3.0 / 1TB)
- WD WDBABV0010BBK-00 (USB2.0 / 1TB)
- Toshiba V63700-B (USB 3.0 / 750GB)
- I-O DATA HDPC-CUT500S (USB3.0 / 500GB)
- Seagate ST9500420ASG (SATA / 500GB)
- Seagate ST9250315AS (SATA / 250GB)
- Toshiba MQ01ABD050 (SATA / 500GB)
- Hitachi HTS547575A9E384 (SATA / 750GB)
- Hitachi HTS547564A9E384 (SATA / 640GB)
- VERTEC4 VTX4-25SAT3-128G (SSD / 128GB)

※ご注意:AVT-C285はMBR形式のディスクのみ対応します。GPT形式のディスク
 (例:Western Digital 社製の2TB HDD「WD WDBBKD0020BBL-PESN」)
 をAVT-C285に接続する場合は、認識ができない場合があります。その際は、
 GPT形式のディスクをMBRに変更してから再試行して下さい。詳細な確認方法
 (GPT形式のディスクをMBRに変更する手順)はこちらへ
USB3.0のUSBディスクに対応していますか。
はい、対応します。
※AVT-C285は全ての市販のHDDには対応することを保証できません。もしご使用のHDDは
 対応できない場合は、別のHDDと交換して下さい。
SATA 3のHDDをAVT-C285に使えますか。
はい、対応します。
※AVT-C285は全ての市販のHDDには対応することを保証できません。もしご使用のHDDは
 対応できない場合は、別のHDDと交換して下さい。
USB1.0のUSBディスクをAVT-C285に使えますか。
いいえ、できません。
USBメモリーで録画ができるのでしょうか。
USBメモリーを使用する際は、早送り・コマ落ち・録画中止が発生する可能性が
高いため、おすすめしません。動画や静止画を記録する場合、動作の安定のため
HDDを推奨しています。
AVT-C285は自動暗号化機能や省電モード搭載のHDDに対応しますか?
いいえ、対応しておりません(認識できません)。
他のHDD(自動暗号化機能や省電モードを搭載していないHDD)を使用して下さい。
FAT32 / exFAT / OSX拡張 のファイルシステムに対応していますか。
いいえ、NTFSのみ対応ですので、NTFS形式でフォーマットする必要があります。
ネットワークアタッチトストレージ(NAS)システムに利用できますか。
いいえ、できません。
DVDメディアへ直接録画することができますか。
USBメモリー/HDD以外の記憶媒体(DVDドライブ等)へ直接録画することはできません。
USBハブを接続できますか。
いいえ、USBハブを使用したHDDやUSBメモリーへの接続には対応しておりません。
AVT-C285で録画した映像を再生しているときに、「映像の一部が早送りになる、あるいはコマ落ちする」という現象が発生しました。
ほとんどのゲームにおいて、早送り・コマ落ちすることはありません。ただし、1080pで
録画した際に、通常時よりも高い映像処理が必要な場面に対しては、映像の一部が早送り
・コマ落ちする可能性があります。映像の一部に早送り・コマ落ちが生じた場合は、
下記の設定変更をお願い致します:

【設定方法】
録画の画質を下げて下さい:付属リモコンの[MENU]ボタンを押して、【設定】→
【動画/静止画の設定】→【動画の設定】→【動画の画質】にて、「長時間録画」を設定して下さい。
その際に、保存先にHDDをお薦めします。もし、USBメモリーを使用する際は、早送り・コマ落ち・
録画中止が発生する可能性が高いため、おすすめしません。動画や静止画を記録する場合、
動作の安定のためHDDを推奨しています。
外付けディスクと内蔵ディスクが両方設置されている際、録画ファイルはどちらに保存されますか。
二番目のディスクを接続した後、保存先の選択設定画面が表示されますので選択してください。
*一つのディスクを取り外したら、保存先が自動的に接続しているディスクに切り替わります。
USBディスクに知らないファイルができている。
AVT-C285は、動作を高速化するためのファイルを自動的に生成します。削除しないで下さい。
ファイル名は以下のようなものです:
‘.avm_chk_tmp’
‘.avm_speed_test’
‘.hd_keepalive’
‘.db_file’
‘.thumb’
‘.index’
※ファイル「.avm_speed_test」、「.hd_keepalive」、「.db_file」はAVT-C285用の
 システムファイルです。USBディスクはパソコンにて問題なく使えます。
GameMateについて
GameMateと、AVT-C285の接続が突然切れました。
ネット環境が不安定だと接続が突然切れる場合があります。接続中断の回数が頻発におこる場合は、GameMate、AVT-C285やワイヤレスLANルーターを再起動してみてください。
GameMateをAVT-C285に接続できません。
以下ご確認ください。
・AVT-C285とワイヤレスLANルーターをLANケーブルで接続する必要がありますので接続を確認して下さい。
・スマートフオンをワイヤレスLANルーターに接続しているか確認して下さい。
・AVT-C285とGameMateは同じLANの領域でしょうか。
(両方のIPの前の三つの数字は同じでしょうか)
・AVT-C285の画面を一度ゲーム画面に戻してからGameMateを立ち上げてください。
・AVT-C285と他のスマートフオンを接続していないでしょうか。
GameMateの録画ボタンを押してもAVT-C285を録画できません。
保存先のHDDの接続・形式を確認してください。
GameMateの再生ボタンを押しても動作しません。
HDDに録画ファイルが存在しない場合は、GameMateの再生ボタンを押しても動作しません。
Youtubeに動画をアップロードできません。
以下ご確認ください。
・ログインアカウント・パスワードは合っていますか?
・グーグルの2段階認証プロセスをご利用の場合、グーグルより提供された確認コードを入力してください。
共有ファイルの選択画面で共有に進めません。
共有ファイルの選択画面では一つのファイルしか選択できません。
Facebookに静止画をアップロードできません。
以下ご確認ください。
・ログインアカウント・パスワードは合っていますか?
・アップロードできるファイルは一つだけです。一つだけ選択して下さい。
共有リストでアップロード予約の最大ファイル数はどのくらいですか。
五つです。
「共有中」のリストの中に予約ファイルをアップロードできません。
予約ファイルを保存したHDDが、AVT-C285に、正常に接続されているかご確認下さい。
GameMateの画面がいきなりリモコンモードの画面に変わりました。
GameMateやリモコンでAVT-C285の画面をゲーム画面に戻して、リモコンモードの画面の右上にあるボタンの「GameMate」を押すとGameMateモードの画面に戻れます。
リモコンモードの画面への切り替え方は?
AVT-C285の本体の録画ボタンを押して、録画が始まったらGameMate側の画面をリモコンモードの画面に切り替えます。
若しくは、AVT-C285のリモコンで、GameMate側の画面をリモコンモードの画面に切り替えます。
同一LANにある複数台のAVT-C285にGameMateを使えますか。
はい、複数台に対応できます。接続画面で接続しようとするAVT-C285をそのIPアドレスで選択してください。
二台以上のスマートフオンを同時に同じAVT-C285を接続できますか。
いいえ、できません。
GameMateとAVT-C285のリモコンを同時に使えますか。
はい、できます。
GameMateの言語が変わってしまいました。
GameMateの言語は、AVT-C285を接続すると、AVT-C285と同じ言語に設定されます。
ネット接続が突然切断され再接続したら、GameMateがAVT-C285と連結できません。
スマートフオンに接続したWi-Fiを確認して、C285に接続しているルータのWi-Fiに設定しなおして下さい。
録画について
HDMIとコンポーネントからとの画面を同時に録画できますか。
いいえ できません。
ゲーム機で映像出力解像度を1080i/1080pに設定しても、録画された動画は720pとなってしまいます。
ゲームソフトの最大対応解像度が720pとなっている場合は、PS3は720pで出力されます。
コンポーネントを接続したら録画ができません。
コンテンツにMacrovision等のコピーガードがかかっている場合は録画できません。
HDMIを接続したら録画ができません。
コンテンツにHDCP等のコピーガードがかかっている場合は録画できません。
録画している最中に、録画ライトがいきなり速い点滅状態になりました。
保存装置の容量が残り少ない事を示しています。
オーディオの録画形式はなんですか。
AAC/ステレオ16ビット/48kHz/128kbpsです。
録画時間に制限がありますか。
一回の最低録画時間は6秒です。最長録画時間は8時間です。録画ビットレートと録画時間の関係表はこちらへ。
AVT-C285 BitRate RECTime
パソコン画面を録画できますか。
はい、できますがあまりお薦めしません。あえて言うならば、画面解像度1280x720をお薦めします。
映像出力がパソコンやノートパソコンのモニターに映せますか。
はい、できますがあまりお薦めしません。あえて言うならば、モニターの画面解像度1280x720にてご利用頂くことをお薦めします。
フォルダーを読み込んだら反応がありません。
もしフォルダーにAVT-C285に関係のないファイルがあると、読込みが非対応になるか、読込みに時間がかかることがあります。
Dolby 5.1、24Pの映像を再生・録画できますか。
いいえ、できません。電源がオフの際にパススルーで再生のみご利用いただけます。
録画解像度をどうやって調整しますか。
本体にて調整できませんが、映像ソース機器(ゲーム機など)にて調整していただきます。
再生・画質について
パソコン或はYoutubeで再生された録画ファイルに黒枠の現象が現れます。
・録画フィアルの画面比率(4:3若しくは16:9)をYoutubeの設定画面比率に合わせてください。 ・別のモニターをお試しください。
録画ファイルをパソコンで再生すると、遅延やスロー再生が発生します。
パソコンの推薦環境: CPU:Intel Core 2 Duo 2.4 GHz以上、若しくはAMD Athlon 64 X2 Dual Core 2.8GHz独立グラフィックカードが必要です。
ゲーム機の5.1ch音声出力に対応しますか。
いいえ、対応しておりません。
録画ファイルをパソコンで編集したら、AVT-C285にて再生できますか。
いいえ、できません。パソコンで編集された録画ファイルはAVT-C285で認識できません。
録画ファイルの名前をパソコンで変更したら、AVT-C285にて再生できますか。
はい。
録画ファイルが見つかりません。
以下ご確認ください。 ・保存先のフォルダにシステムフォルダ、書込み禁止のフォルダなどを指定しないでください。一例としてWindowsが自動的に作成する「System Vlume Information」、「$RECYCLEBIN」、「MSOCache」、「ProgramData」、「Recovery」などのフォルダはデータの保存先として適切ではありません。 ・パソコンで編集された録画ファイルがAVT-C285で認識されなくなることがあります。
録画ファイルの名前を変更する時、使用できない記号がありますか。
"$"、"&"、"("、")"等の特殊文字は使用できません。
お薦めのパソコン用メディアプレやーはありますか。
以下の無料メディアプレイヤーをお薦めします。 ・SPlayer 3.7 (Build 2437) http://www.splayer.org/index.en.html ・K-Lite Codec Pack 7.8.0 Full+ Media Player ・Classic -HC 1.5.3.3752 http://www.codecguide.com/ ・VLC Player 1.1.11 http://www.videolan.org/vlc/ ・PotPlayer 1.5 (Build 29917) http://www.potplayer.org/ ・BS.Player 2.58 (Build 1058) http://www.bsplayer.com/"
実況で録画された動画に音声ノイズが発生しました。
ゲーム機とマイクの音量を両方とも下げてみてください。
何故Wiiの画面表示やその録画の再生画面に黒枠が表れるのでしょうか。また、黒枠を消す方法はありますか。
Wiiの出力映像の画面に既に黒枠が入っているようです。
テレビのオーバースキャン機能を使用すれば、黒枠を消せる場合がありますが テレビの機種により、消せない場合がありますのでご了承ください。
編集について
録画ファイルを再編集するための、お薦め編集ソフトはありますか。
以下の編集ソフトをご利用頂く事が可能です。 (1)CyberLink PowerDirector 10 (2)Arcsoft TotalMedia Studio_3.0.0.17 , (3)Sony Vegas Pro 12 (Build: 367) (4)Adobe Premiere Pro CS6 version: 6.0.0(319(MC: 264587)) (5)Final cut *録画ファイルを編集ソフトで再編集されますと、AVT-C285で認識されなくなりますのでご注意ください。
AVT-C285の編集機能は、別の録画装置からのファイルに対応しますか。
いいえ。対応していません
実況について
お薦めマイクがありますか。
高感度指向性マイクをお薦めします。
満足度の高い実況動画の作り方はありますか?
下記の点をご参考ください。 1. 静かな環境でイヤホンと高感度指向性マイクをつけて音声入力・出力をフィードバックの現象がなくなるまでテストします。 2. 声とゲーム音をなるべくバランスよく調整します。 3. 実況録画を試してみて下さい
実況録画の声とゲーム音を再編集で分離できますか。
いいえ、できません
実況している時に、自分の声が聞こえます。
HDMI映像入力を録画する特性です。コンポーネント映像入力の場合は発生しません。
イヤホンの対応仕様はなんですか?
周波数応答: 20-16kHz インピーダンス: 2.0 KΩ 動作電圧: 3V 端子: 3.5mm jack *ダイナミックマイク・携帯用ヘッドセットは非対応"
携帯用ヘッドセットを使えますか
いいえ。使えません
実況で録画された動画に音声ノイズが発生しました。
ゲーム機とマイクの音量を両方とも下げてみてください。
録音された実況音量が小さいです。
・AVT-C285の「メインメニュー」-->「設定」-->「実況」-->「音量」にてマイクの音量を大きく調整します。
・映像ソース機器の出力音量を調整してみます。
・高感度指向性マイクをご利用ください。マイクと口との距離やマイクの集音能力などにより、録音の効果が異なります。
・マイクロソフト ヘッドセット LifeChat LX-2000をお薦めします。
YouTubeについて
YouTubeにアップロードできません。
以下ご確認ください。
・AVT‒C285のファームウェアをバージョン1.1.9以降降にアップデートして下さい。
※ ファームウェアのダウンロード、操作手順はAVT‒C285の
【ダウンロード】ページに確認して下さい。
・15分位以上の動画をアップロードする前に、YouTubeのアカウントで上限を引き上げ
る権利利を取得しておいてください。
・Youtubeのマイチャンネルを作成する必要があります。
・動画内容が著作権違反の場合は、動画が削除される可能性があります。
・Youtubeで動画を審査するには、2‒3日かかることがあります。
なぜアップロードに時間がかかるのですか。
Youtube側でアップロードのスピードに制限を与えているようです。
更新・その他について
ファームウェアの更新方法は?

下記をご確認下さい:
★ ファームウェア更新手順はこちらへ


Step 1.
USBメモリーを「NTFS形式」でフォーマットして下さい。
(※『HP USB Disk Storage Format Tool』というフォーマットツールを使用することをお勧めします。)

 

Step 2.
AVerMedia公式サイトのAVT-C285のダウンロードページにアクセスし、AVT-C285のファームウェア
の最新バージョンをダウンロードして下さい。

 

Step 3.
ダウンロードしたファイルを解凍すると、AVT-C285のファームウェアファイル(*.bin)ができます。
AVT-C285のファームウェアファイルをコピーしてから、USBメモリーのルートフォルダにコピー
して下さい。

 

Step 4.
内蔵ディスクを外してから(もしあれば)、【Step 3】までで作成したUSBメモリーを
AVT-C285本機に繋いで下さい。その後、リモコンの「MENU」ボタンを押してメインメニュー
を表示させて、【設定】→【ファームウェア更新】の順に選択してから「OK」を押して下さい。
すると下記の画面が表示されますので、この画面が表示されている状態で、リモコンの「F1」ボタン
を押すとファームウェアのアップデートが実行されます。

 

ご注意:
※アップデートの所要時間は約6分です (ファームウェアのバージョンによって異なります)。
※ファームウェア更新が終了するまで絶対に他の操作を行わないで下さい。

 実行中は絶対に電源を切ったり、USBメモリーを外したりしないで下さい。故障の原因になります。
ファームウェアを更新している時、ファイルが破損しているというメッセージが現れました。
下記の手順で操作してみてください。
・内蔵ディスクと全ての映像出入力端子を抜きます。
・ファームウェアを再びダウロードしてから、更新をしなおします。
ネットワークアタッチトストレージ (NAS)システムに利用できますか。
いいえ、できません
↑ページ先頭にもどる