HOME > 製品情報 > 生産終了製品 > AVT-C878

AVT-C878



AVT-c878
本製品は、生産終了品です。
本ページは、2019年01月時点での情報であり、更新・修正は行われません。
現在の情報とは異なる場合がありますのでご注意ください。
また、リンク先の内容が異なっていたり、無くなっている場合がありますが、ご了承ください。

Q&A

セットアップについて                 (PCモード)仕様・ソフトウェアについて        

接続機器について                      (単体録画モード)仕様・設定について

パーティーチャット / ヘッドセット用端子について

セットアップについて
AVT-C878の使用手順について教えてください。

下記をご確認下さい:

※製品に関するより詳しい情報をお求めのお客様は、以下のリンクより
製品のクイックガイド、マニュアルをご参考下さい。
・クイックガイド
・ユーザーマニュアル

【① PCモード】
Step 1. モード切替スイッチを左にスライドすると「PC モード」が選択されます。

Step 2. AVT-C878のHDMI IN端子と録画・配信するソース機器(ゲーム機・iOSデバイス・パソコン
など)の映像/音声出力を接続します。

Step 3. 付属のUSB 2.0ケーブルでパソコンと接続します。

Step 4. 専用ソフトウェア「AVerMedia RECentral 3」若しくはサードパーティ製ソフトウェア

を起動してからパソコンに録画・配信を行います。

【② 単体録画モード】
Step 1. モード切替スイッチを真ん中にスライドすると「単体録画モード」が選択されます。

Step 2. microSD メモリーカードをAVT-C878に入れます。

Step 3. AVT-C878のHDMI IN端子と録画・配信する機器(ゲーム機 ・iOS デバイス・パソコンなど)
の映像/音声出力を接続します。

Step 4.付属の USB 2.0ケーブルでパソコンと接続するか、若しくはUSBアダプター/モバイルバッテリー
と接続して給電します。

Step 5. 録画手順:本体のSTARTボタンを押して録画を開始します。録画を終える場合は、STARTボタン
を再度押して録画を保存します。

【③ カードリーダーモード】
Step 1. モード切替スイッチを右にスライドすると【カードリーダー モード】が選択されます。

Step 2. microSDメモリーカードが入った状態のAVT-C878とパソコンをUSB 2.0ケーブルで接続すると、
AVT-C878を外付けドライブとして使用できます。「エクスプローラ」(Macの場合は「Finder」)などで
microSDメモリーカードに記録したファイルをパソコンにコピーしたり、録画ファイルを直接に再生したり
することができます。

Step 3. PC からAVT-C878を取り外す場合や【カードリーダーモード】 からPC/単体録画モードに切り
替える場合は、必ずタスクトレイの「ハードウェアの安全な取り外し」というアイコンをクリックし
「外したい機器を安全に取り外します」を選択して下さい。

1台のパソコンで複数台のAVT-C878を接続することができますか?

サードパーティ製ソフトウェアを利用すれば、1台のパソコンで複数台のAVT-C878を接続して、
同時にキャプチャーを行うことが可能です(例えば、1台はゲーム機、1台はカメラ等)。
但し、パソコンのパフォーマンスにより、複数接続する場合はCPU使用率が100%以上占有してしまい、
正常に使用できない可能性がありますので、正常に使用することを保証できません。

AVT-C878
接続機器について
ソース機器(ゲーム機、iOSデバイスなど)の接続方法を教えて下さい。

下記のリンクを参照して下さい。
・クイックガイド(8 & 13 & 14~15ページ)
・ユーザーマニュアル(7 & 12 & 13~15ページ)

AVT-C878に対応できるゲーム機は?

(2017年11月現在)PlayStation 4、PlayStation 4 Pro、Nintendo Switch、Xbox One、Xbox One S、 
Xbox 360、Wii U、ニンテンドークラシックミニ  スーパーファミコン(MINI SFC)、ニンテンドー

クラシックミニ  ファミリーコンピュータ(MINI FC)など、HDMI出力を持つ
家庭用ゲーム機に対応します。


※ご注意:
・PlayStation 4を接続・録画・配信する場合は、必ずPS4を「システムソフトウェアウェア バージョン 1.70」以降にアップデートしてから、PS4側で「設定」→「システム」→「HDCPを有効にする」

 のチェックを外して、HDCP機能を解除して下さい(※但し、「HDCP検出機能」をオフにしても

 著作権保護されたコンテンツ、BD/DVDを録画・配信できません)。
・(PlayStation 4 Proなど)4K解像度の表示・録画・配信には対応しておりません。最大入出力解像度は

 「1080p」まで対応しております(HDRには非対応です)。詳しくはこちらへ
・PlayStation 3、Androidスマホ・タブレット、映像機器(BD/DVDプレイヤーなど)はHDMIケーブル
 で接続する場合は、HDMIから出力されたコンテンツはHDCPがかけられているため、映像の表示
 (ソフトウェア、パススルー)・録画・配信ができません。
・iOSデバイスなどの機器との接続・録画では、出力映像画面サイズに制限があるため、上下左右に黒枠
 が生じます。AVT-C878側は仕様により、黒枠を除去・調整する機能を搭載しておりませんので、 
 ご了承下さい。 
・AVT-C878の対応入出力解像度に対応しないビデオカメラ、メディアプレイヤー、業務用映像機器など

 のソース機器やモニター・テレビを使用する場合は、映像の表示(ソフトウェア、パススルー)ができない
 (※黒い画面 / No Signal / Out of Range などが表示されます)、または正常に録画・配信ができない
 場合があります。
・他社製の映像変換コンバーター / スプリッタなどを使用する場合は、ご使用の機器の回路仕様などにより、  AVT-C878の対応解像度が合っても対応できない場合もあります。

PlayStation 3はHDMIを通じてAVT-C875では録画・配信ができますか?

いいえ、できません。HDMIケーブルでPlayStation 3を接続をしている場合は、HDMIから出力された
コンテンツはHDCPがかけられているため、録画・配信はできません。


※PlayStation 3及び他のコンポーネント出力を持つ家庭用ゲーム機(Wii、PlayStation 2など)を録画・
配信したい場合は、弊社のコンポーネント対応のキャプチャー製品をご利用下さい(製品付属の
「PS3専用ケーブル」若しくは「ゲーム機接続用ケーブル 」を利用すれば、PlayStation 3/2、Wii

 をキャプチャーできます。
【弊社コンポーネント対応キャプチャー製品一覧】
・(USB接続タイプ製品):GC550CV710AVT-C875
・(アプライアンスタイプ製品):AVT-C285

iOSデバイス(iPhone・iPad・iPod touch)のキャプチャーについて。

iOSデバイスを接続・録画・配信する場合は、iOSデバイスの仕様上、付属ソフトウェア「RECentral」
(若しくはMac版の設定ツール)を使用して、AVT-C878側の「HDCP検出機能」を事前にオフにする
必要があります(※但し、「HDCP検出機能」をオフにしても著作権保護されたコンテンツを録画・配信
できません)。

※iOSデバイスとの接続には、別売りのApple製純正Digital AVアダプタ(HDMI変換アダプタ)が必要です(本製品には付属されておりません)。


※ご注意:iOSデバイスを接続している際は、iOSデバイス本体のイヤホンジャックにイヤホンを接続しない
で下さい(HDMI変換アダプタからの出力音声が中断されて、キャプチャーできなくなります)。
iOSデバイスの音声を聞きたい場合は、以下の図の通りに、AVT-C878本体のヘッドセット用端子を
ご利用下さい。 AVT-C878

Androidスマホ・タブレットに対応しますか?

Androidスマホ・タブレットを接続する場合は、HDMIから出力されたコンテンツはHDCPがかけられている
ため、映像の表示(キャプチャーソフトウェア)・録画・配信ができません。

ゲーム機の出力解像度の設定方法について。

下記のサイトをご参照ください:
http://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/321.html

コンポーネント入力、若しくはコンポジット入力に対応しますか?

いいえ、対応しておりません。他社製の映像変換コンバーター(コンポジット→HDMI、
コンポーネント→HDMIなど)、スプリッタなどを使用する場合は、ご使用の機器の回路仕様などにより、AVT-C878の対応解像度が合っても対応できない場合もあります。

家庭用ゲーム機以外の映像機器に対応できますか?

AVT-C878の対応入出力解像度にサポートしないメディアプレーヤー、ビデオカメラ、業務用映像機器
などのソース機器やモニター・テレビを使用する場合は、映像の表示ができない(※黒い画面 / No Signal
などが表示されます)ので、正常に録画・配信ができない場合があります。映像機器の出力解像度を確認
し、変更するか、他のモニターやテレビで再試行して下さい。

パーティーチャット/ヘッドセット用端子について
AVT-C878のパーティーチャット用端子/ヘッドセット端子の接続方法を教えて下さい。

下記のリンクを参照して下さい。
・クイックガイド(9ページ)
・ユーザーマニュアル(8ページ)

(ヘッドセット用端子について)お勧めのヘッドセットはありますか?

弊社検証したAVT-C878に対応できるヘッドセットは下記です。
【参考日付:2016/11】

・Kingston HyperX Cloud II
・Kingston HyperX Cloud Revolver
・Kingston HyperX Cloud Stinger<

・SONY ワイヤレスサラウンドヘッドセット(有線接続で使用する場合)
(※SONY ワイヤレスサラウンドヘッドセット」は内蔵マイクを採用しますので、マイクの音量は
小さい場合があります。)

・Xbox One ステレオ ヘッドセット
・Madcatz TRITTON Kunai Stereo Headset
・SteelSeries Siberia 840 Gaming Headset

※PlayStation 4、Xbox Oneに対応するゲーミングヘッドセットを利用することをお勧めします。
※AVT-C878はCITA仕様の4極プラグ(イヤホンマイク端子)を採用するヘッドセットに対応しています。

※Apple iPhone / iPod付属のイヤホン(EarPods with 3.5 mm Headphone Plug)
に対応しておりません。AVT-C878に接続すると、音声ノイズが発生しますので、ご注意下さい。

※「OMTP」仕様の4極プラグを採用するヘッドセットに対応しません。

※4極プラグについて:
4極には「CTIA」「OMTP」という2種類の規格があります。以下の図のように、CTIAとOMTPでは、
【マイク】と【GND(Ground)】が逆になります。「OMTP」仕様の4極プラグを採用するヘッドセット
でAVT-C878のヘッドセット用端子に接続する場合は、ヘッドセット・イヤホンが認識できない・
ヘッドセットの音が小さい・マイクが使えない等の現象が発生する可能性がありますので、
他のヘッドセットで試して下さい。
AVT-C878

※3極のヘッドセット・イヤホンに対応しません。

※他社製の「ヘッドセット用変換アダプタケーブル(マイク/スピーカープラグ変換アダプタケーブル)」
を音声、マイク分岐型のPC用ヘッドセットで接続して使用する場合は、「CTIA」仕様の物を使用して
下さい(「PS4コントローラー用マイク/スピーカープラグ変換アダプタケーブル」というゲーム機に対応
する物を使用することをお勧めします)。
※但し、ご使用のヘッドセット・イヤホン・変換アダプタケーブルの仕様などによっては対応できない場合
もありますので、AVT-C878は全ての市販のヘッドセット・イヤホンには対応することを保証できません
ので、ご了承下さい。

(パーティーチャット用端子について)ゲーム機(PlayStation4、Xbox Oneなどのコントローラー
のイヤホンジャックで接続)以外、他のデバイスも接続できますか?

はい、できます。イヤホンジャックを搭載するデバイス(例:パソコン、スマホ/タブレット、
MP3プレイヤーなど)を利用する場合は、以下の図の通りに、3.5mm ステレオオーディオケーブル
で接続すれば、デバイスの音声をキャプチャーすることができます。

AVTC878

※ご注意:PlayStation 4のコントローラーを接続して音声をキャプチャーする際は、
PlayStation 4のコントローラーを同時にUSBケーブルで充電しないで下さい
(音声ノイズが発生する原因です)。

(PCモード)仕様・ソフトウェアについて
AVT-C878は専用ドライバーをインストールする必要がありますか?

いいえ、必要はありません。AVT-C878はUVC(USB Video Class)、UAC(USB Audio Class)対応
のプラグ&プレイの製品なので、別途専用ドライバーをインストールしなくても、Webカメラのように
自動的にソフトウェアウエア(「RECentral」、サードパーティ製ソフトウェアなど)から認識することが
可能なので、PCもMACも使えます。

※「RECentra」をインストールすると、「AVerMedia LGP 2 Stream Engine」というプラグイン
もインストールされます。サードパーティ製ソフトウェア(例:OBS Studio、XSplit、アマレコTVなど)を利用
すれば、「AVerMedia LGP 2 Stream Engine」というプラグインを指定・設定して、入力される映像
の表示のパフォーマンスを向上させることができるので、「RECentra」をインストールすることを
お勧めします。
AVT-C878

AVT-C878の要求仕様を満たさないパソコンの使用は、可能でしょうか。

基本的には、お薦めしません。必要なシステム条件を搭載していないパソコン(CPU処理能⼒不⾜、
メインメモリ不⾜、独⽴型グラフィックボードが搭載されていない、グラフィックボードの性能が
⾜りないなど…)、またはWindows / macOSの状況などにより、本製品を正常に動作できない
(1080p/60fpsキャプチャーできない、激しい遅延・カクツキの発生など)場合があります。
また、1080p/60fpsをキャプチャーする、またはPiP、「RECentral」のライブ編集機能を使用する
際は、CPU使用率が高いため、ご使用のパソコンの仕様またはWindows / macOSの状況によっては
CPU使用率が100%以上占有してしまう可能性があります。 AVT-C878の要求仕様を満たしていることを
確認、若しくは他のパソコンで試して下さい。

※1080p/60fpsを録画/配信、PiP/「RECentral」のライブ編集機能を使用する場合は、
Intel® Core™ i7-3770以上(デスクトップパソコン)を使用することを強くお勧めします。

※CPU/グラフィックボード内蔵のハードウェアエンコーダ(NVIDIA、QSVなど)を使用し、PCの
  パフォーマンスを向上することをお勧めします。

お勧めのノートPCはありますか?

弊社検証したAVT-C878に対応できるノートPCは下記のとおりです(順次に追加する予定です):

・DOSPARA GALLERIA QSF1060HE
・MSI GS60 2QE
・MSI GT60 2PC Dominator

(PCを使用する場合)AVT-C878に接続しているかどうか、確認する⽅法について。

下記をご確認下さい:

【Window 10を使用する場合】

Step 1.
スタートメニューから【設定】→【デバイス】→【接続中のデバイス】のの順にクリックし、設定画面から
「デバイス マネジャー」を選択します(若しくは [Windows] キーを押しながら [X] キーを押し、
表示された一覧から【デバイス マネジャー】をクリックします)。


Step 2.
【デバイスマネージャー】にて、「イメージング デバイス」及び「サウンド、ビデオ、および ゲーム 
コントローラー」をクリックして、以下の図の通りに、両方の項目の下に[Live Gamer Portable 2]が
表示されるかどうか、確認して下さい。

※もしAVT-C878が正常に認識されず、デバイスマネージャーで表示されるデバイス名
(Live Gamer Portable 2)に[!] [?] が付いていたり、「ほかのデバイス」の項目の下に
[Live Gamer Portable 2]が表示されている場合は、該当デバイス([Live Gamer Portable 2])
を右クリックし、[削除]を選択してパソコンを再起動してから、AVT-C878に接続するUSBケーブル
を全て外して、再度接続して試して下さい。
AVTC878

※こんな時:もしAVT-C878が正常に認識されず、デバイスマネージャーで表示されるデバイス名
(Live Gamer Portable 2)にに [!] [?] が付いていたり、「ほかのデバイス」の項目の下に
[Live Gamer Portable 2]が表示されている場合は、該当デバイス([Live Gamer Portable 2])
を右クリックし、[削除]を選択してパソコンを再起動してから、AVT-C878に接続するUSBケーブル
を全て外して、再度接続して試して下さい。

AVTC878

『RECentral』を使っている間(もしくは「RECentral」を起動する時)、「キャプチャーデバイス
が使用されています…」というメッセージが出る、もしくは黒い画面が表示されて、使用ができなくなる
という症状が発生してしまいました。
avt-c878 plus

詳しくはこちら(PDF表示)をご参照ください。
【サウンド】で「マイク - Live Gamer Portable 2」を無効化してもいいですか?

AVT-C878はUAC(USB Audio Class)対応のプラグ&プレイの製品なので、AVT-C878をPCに接続 
すると、【サウンド】→【録音デバイス】に「マイク - Live Gamer Portable 2」が認識されます。
「マイク - Live Gamer Portable 2」は、ソース機器の音声をパソコンに転送するという役割で作動
しますので、「マイク - Live Gamer Portable 2」を無効化しないで下さい。

※無効化にしますと、AVT-C878は正常に使用できません。「RECentral」を起動する時(若しくは
 「RECentral」を使っている間)、「キャプチャーデバイスが使用されています…」というメッセージ
 が出る、若しくは黒い画面が表示されます)。

AVT-C878
映像のプレビュー、録画、ライブ配信が不安定です。または、プレビューの画面表示が、 コマ落ちしたり、録画ファイルの再生時に画面にノイズが走ったり、色味がおかしかったりします。

以下の内容をご確認ください:

 

1.AVT-C878の製品ページの仕様で、ご使用のパソコンがAVT-C878の要求仕様を

 満たしているかをご確認ください。

 

2.グラフィックボードのドライバーを最新版にアップデートしてからのご使用をお勧めします。

 

3.1080p/60fps、を録画する際に、または『RECentral』の「マルチモード」(PiP機能 /

 ライブ編集機能など)を使用する際は、CPU使用率が高いため、ご使用のパソコンの仕様

 によってはCPUを100%占有してしまう可能性があります。その場合は、グラフィックボード

  / CPU内蔵のハードウェアエンコーダ(コーデック:NVIDIA、QSVなど - ※NVIDIAの

 ご使用を強くお勧めします)を使用し、パソコンのパフォーマンスを向上させることをお勧め

 します(または『RECentral』の「シングルモード」をご使用ください)。

 ※お使いのパソコンの構成状況により、ハードウエアエンコーダーが表示されない場合もあります。

 ※コーデックに関する詳しい情報は以下のサイトをご参照ください。

  https://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/555.html

  http://www.4gamer.net/games/234/G023421/20161126004/

  http://www.4gamer.net/games/234/G023421/20160127014/

 

4.(『RECentral』を使用している場合)「マルチモード」ではなく、「シングルモード」を使用します。

 

5.(『RECentral』の「マルチモード」を使用している場合)ライブ編集機能を「OFF(無効)」にします。

 

6. CPUの使用率を70%以下に維持してください。70%を超える場合は、他のアプリケーションを終了する

 などしてCPU使用率を下げてください。

 

7.(『RECentral』を使用している場合)下図のように、「DXVA(GPUの動画処理支援機能)を有効にす

 る」をオフにして再度お試しください。

 ・手順:

 Step 1. 『RECentral』の録画モードを選択します(画面左上にある●アイコン)をクリックします。

 Step 2. 左メニューの「キャプチャーデバイス」欄に表示されている「Live Gamer Portable 2」

     (AVT-C878)を選択します。

 Step 3. [ペン]のアイコンをクリックし、キャプチャーデバイスの設定画面を開きます。

 Step 4. 下図のように、「DXVA(GPUの動画処理支援機能)を有効にする」のチェックボックスの

     チェックを外してください。

 Step 5. 「OK」をクリックします。

 

8.(『RECentral』を使用している場合)下図のように、ビデオフォーマットを「H.264」から

  「Motion JPEG」に変更にして再度お試しください。

  ※ご注意:「H.264」より、「Motion JPEG」を使用する場合は、PC画面の表示遅延は少なくなり

   ますが、画質が低くなり、PCの負荷が高くなります。

 

・手順:

 Step 1. 『RECentral』の録画モードを選択します(画面左上にある●アイコン)をクリックします。

 Step 2. 左メニューの「キャプチャーデバイス」欄に表示されている「Live Gamer Portable 2」

     (AVT-C878)を選択します。

 Step 3. [ペン]のアイコンをクリックし、キャプチャーデバイスの設定画面を開きます。

 Step 4. 下図のように、「ビデオフォーマットを選択します:」のドロップダウンリストから

     「Motion JPEG」を選択します。

 Step 5. 「OK」をクリックします。

ソフトウェア側(「RECentral」、サードパーティ製ソフトウェア)が「Copy Protected Content」と表示され、使用できません

下記をご確認下さい:

①PlayStation 4を接続する場合:
必ずPS4を「システムソフトウェアウェア バージョン1.70」以降にアップデートしてから、PS4側で「設定」
→「システム」→「HDCPを有効にする」のチェックを外して、HDCP機能を解除して下さい(※但し、
「HDCP検出機能」をオフにしても著作権保護されたコンテンツ、BD/DVDを録画・配信できません)。


②iOSデバイスを接続する場合:
付属ソフトウェア「RECentral」(若しくはMac版の設定ツール)を使用して、AVT-C878側の「HDCP検出
機能」をオフにする必要があります(※但し、「HDCP検出機能」をオフにしても著作権保護された
コンテンツを録画・配信できません)。


③Androidスマホ・タブレット、映像機器(BD/DVDプレイヤーなど)を接続する場合:
HDMIから出力されたコンテンツはHDCPがかけられているため、映像の表示・録画・配信ができません。


映像の表示ができません(ソフトウェア側/パススルー側)。

下記をご確認下さい:

①家庭用ゲーム機を接続する場合:
ゲーム機側の映像出力設定/出力解像度が正しく設定されていない場合は、ソフトウェア側で映像を表示できない、HDMIOUTからのテレビ・モニターが出力されない可能性がありますので、ゲーム機の映像出力設定・ 解像度を改めて設定・チェックして下さい。または、ゲーム機側の出力設定が正しく設定されていても、ソフトウェア側で映像が表示されない(NoSignal)、HDMIOUTからのテレビ・モニターが出力されない場合は、下記のような方法で試して下さい:

1.別のHDMIケーブルに交換して再試行します(注意:安価なケーブルを使用すると、正常に使用できないか
ノイズが発生する場合があります)。

2.別のソース機器に交換して再試行します。

3.接続するHDMIケーブルを全て外して、再度接続して試します。

4.ソース機器の出力解像度を1080p以下(1080i/720p)に設定して再試行します。

5.ご使用のテレビ・モニターが1080pに対応できない可能性もありますので、他のテレビ・モニターを
使って再試行して下さい。

②家庭用ゲーム機以外の映像機器を接続する場合:

AVT-C878の対応入出力解像度にサポートしないメディアプレーヤー、ビデオカメラ、業務用映像機器
などのソース機器やモニター・テレビを使用する場合は、映像の表示ができない(※黒い画面 / No Signal
などが表示されます)ので、正常に録画・配信ができない場合があります。映像機器の出力解像度を確認
し、変更するか、他のモニターやテレビで再試行して下さい。


※他社製の映像変換コンバーター(コンポジット→HDMI、コンポーネント→HDMIなど)、スプリッタ
などを使用する場合は、ご使用の機器の回路仕様などにより、AVT-C878の対応解像度が合っても
対応できない場合もあります。

「RECentral」では非圧縮映像形式(AVI)での保存に対応しますか。

いいえ、対応しておりません。「RECentral」をご利用する際は、
録画形式はMP4のみ対応しております。

一部のサードパーティー製動画編集ソフトウェアを使用し、AVT-C878の単体録画モードで録画した
動画ファイル(ファイル形式:mov)を読み込もうとすると、「このファイルの種類がサポートされて
いないか、必要なコーデックがインストールされていません。」 というエラーメッセージが出てきて
読み込みができません。どうすればいいでしょうか?
AVT-C878

(2018.02現在)AVT-C878の単体録画モードで録画した動画ファイルと一部のソフトウェア
の組み合わせでは、上の画像のようなエラーが表示され、動画ファイル(ファイル形式:mov)
を読み込むことができません。動画ファイルの形式(拡張子)を「mov」から「mp4」に変更して
いただくことで、該当のソフトウェアで動画ファイル(mp4)を読み込むことができるようになります。
操作方法は、こちらをご参照ください。


※ご注意:弊社製品の更新/変更を行うことで現在正常に読み込み可能な他のソフトウェアでの動作に
 問題が生じる可能性があるため、弊社では当現象について製品の更新/変更を実施する予定は
 ございません。ご不便をおかけいたしますが、ご理解の上、拡張子の変更でご対応いただけますよう
 お願い申し上げます。

「RECentral」を利用しニコニコ生放送で配信しようとしたら、ニコニコへログインできません。

「RECentral」(若しくはサードパーティ製ソフトウェア)を利用してニコニコ生放送で使う場合は、
最初にニコニコ生放送側で放送枠を取る必要があります。事前に放送枠を取得していない場合は、
ソフトウェアウェア側でニコニコ生放送のアカウント名とパスワードを正しく入力しても、ログインできません。
(「アカウントのログインエラーが発生します」若しくは「無効なアカウントとパスワード」という
メッセージが現れます)、ニコニコ生放送のアカウントを使用してライブ配信する際は、
必ず新規番組を登録して放送枠を取得して下さい。

※詳しくはAVT-C878のユーザーマニュアルの36~40ページをご参考下さい。

「RECentral」を利用しYouTubeの配信アカウントを作成・認証する時、アカウントとパスワードを正しく入力しても、「無効なアカウント若しくはパスワード」というメッセージが表示されてログインができません。

YouTubeのクリエイターツールを開いて(※Google Chromeを使用することをお薦めします)、
「ライブ ストリーミング 」のところにある「有効にする」になっているかどうか、ご確認下さい
(有効にしていない場合は、アカウントとパスワードを正しく入力してもログインできまん)。
ライブ ストリーミングを有効にしていない場合は、「有効にする」ボタンをクリックして、
ライブストリーミングを有効にしてから再度試して下さい。

※詳しくはAVT-C878のユーザーマニュアルの44~48ページをご参考下さい。

「RECentral」はUstreamに対応していますか?

いいえ、対応しておりません。

「RECentral」を使っている間(若しくは「RECentral」を起動する時)、「キャプチャーデバイス
 が使用されています…」というメッセージが出る、若しくは黒い画面が表示されて、使用ができなくなる
 という症状が発生してしまいました。

下記をご確認下さい:
1.「RECentral」を起動する前に、現在起動している間にサードパーティ製ソフトウェア(例:OBS Studio、
 XSplit、アマレコTVなど)・Skype・ブラウザ(例:Chrome、Firefox、Internet Explorerなど)
 などのアプリケーションを終了して下さい。上記操作を行った後も、同じメッセージが出た場合、 
 Windowsを一度終了してから再起動して下さい。


2. 「RECentral  3」を終了して下さい。Windowsの「コントロールパネル」→「ハードウェアとサウンド」
 →「サウンド」→「録音」の順に選択し、「マイク - Live Gamer Portable 2」が無効化にしていない
 ことを、改めて確認して下さい。無効化にしている場合は、「有効化」にしてから、「RECentral  3」
 を起動して下さい。

※「マイク - Live Gamer Portable 2」が表示されない場合は、「録音」タブのデバイスの一覧画面上
 で右クリックし、表示された「無効なデバイスの表示」および「切断されているデバイスの表示」
 にチェックを入れます。これで全ての項目が一覧に表示されます。
※「マイク - Live Gamer Portable 2」は、ソース機器の音声をパソコンに転送するという役割で作動
 しますので、「マイク - Live Gamer Portable 2」を無効化しないで下さい。無効化にしますと、
 AVT-C878は正常に使用できません(「キャプチャーデバイスが使用されています…」という
 メッセージが出る、若しくは黒い画面が表示される症状が発生します)。

AVT-C878


3.(2017年08月現在)2017/8/08公開した「RECentral」のVer 3.0.0.87(特別対処版)は
 『RECentral 3』が突然使用できなくなり、「キャプチャーデバイスが使用されています…」
 と表示される現象を修正しますので、もし上記操作方法を行っても改善できない場合は、
 このバージョンを改めて試して下さい。
・詳しくはこちらへ
ダウンロード

「RECentral」はMacに対応しますか?

いいえ、「RECentral」はPC(Windows)のみ対応しております。Macをご利用する際、
サードパーティ製ソフトウェア(OBS for Mac、Apple QuickTime)を使用して下さい。

サードパーティ製ソフトウェア使用時のデバイス名は何ですか?

「Live Gamer Portable 2」となっております。

※「RECentra 3(PC版)」をインストールすると、「AVerMedia LGP 2 Stream Engine」という
プラグインもインストールします。サードパーティ製ソフトウェア(例:OBS Studio、XSplit、アマレコTVなど) を利用すると、「AVerMedia LGP 2 Stream Engine」というプラグインを指定・設定して、入力される 映像の表示のパフォーマンスを向上させることができますので、「RECentra」をインストールすること をお勧めします。

お勧めのサードパーティ製ソフトウェアはありますか?

弊社で検証したAVT-C878に対応できるサードパーティ製ソフトウェアは下記です:
【参考日付:2016/11】
・PC(Windows)を使用する場合:
- OBS Studio
- XSplit
- アマレコTV  

※(2016年6月現在)『アマレコTV4 Live』を使用すると、音声が正常に出力・再生されない
可能性がありますので、アマレコTV4の旧バージョンVer3.10を使用する事をお勧めします。

- NLE

・Macを使用する場合:
- OBS Studio(配信/録画/PIP)
- Apple QuickTime(録画)
※『OBS Studio(MAC版)』を使用すると、ソフトウェアの仕様により、音声が出力・再生されません。

※AVT-C878はサードパーティ製ソフトウェアに対応しておりますが、但し、全てのサードパーティ製ソフトウェアへの
対応を保証できかねます。また、サードパーティ製ソフトウェアの更新・Bugにより、対応できなくなる
可能性がありますので、ご了承下さい。

※各サードパーティ製ソフトウェアに対するお問い合わせ、その他のご質問につきましては、各ソフトウェアウェアの
サポート窓口などにお問い合わせください。

※各サードパーティ製ソフトウェアの使用によって生じるあらゆる直接的・間接的故障・損害に関して、
当社は一切の責任を負いません。

サードパーティ製ソフトウェアにてAVT-C878の画面表示ができない、若しくは異常になります。

下記をご確認下さい:

1.ソース機器(ゲーム機など)側のディスプレイ出力設定を正確に設定しないと、ゲーム機
の映像が正常に映らない場合があります。ソース機器のディスプレイ出力設定をHDMIに設定して
下さい。

2. 一度サードパーティ製ソフトウェアを終了し、「RECentral」を起動して、映像と音声が使えること
(映像・音声は正常に出力されて表示できること)を確認してから、再度サードパーティ製ソフトウェア
を起動して映像・音声が表示できるかどうか、改めて確認して下さい(※「RECentral」で正常動作 
しない場合は、サードパーティ製ソフトウェアは使えません)。


3.サードパーティアプリケーションの内部出力解像度をAVT-C878に入力した映像ソースの解像度と
一致させて下さい。
※XSplit 2.8以上の場合は、以下の手順をご参照ください。

Step 1.キャプチャデバイスの「AVerMedia LGP 2 Stream Engine」若しくは
「Live Gamer Portable 2」を選択して、【セッティング】をクリックすると、
キャプチャーデバイスの設定画面が表示されます。

Step 2.【コンフィグ】→「ビデオ出力」の順にクリックし、「フレーム率」と「出力サイズ(S)」を
AVT-C878に入力した映像ソースの解像度・フレームと一致して下さい。
AVT-C878

(単体録画モード)仕様・設定について
単体モードの録画画質を設定する方法を教えて下さい。
単体録画モードの録画品質(映像ビットレート)の設定には「RECentral(PC版)」
もしくはMac版の設定ツールを使用して下さい。
単体録画モードで長時間連続録画したいですが、録画された動画ファイルは分割して
保存されてしまいました。
長時間連続録画したい場合は、「exFAT形式」のmicroSDカードを使用することが必要ですので、
「exFAT形式」のmicroSDメモリーカードカードを使用するか、もしくはパソコンでSDカード
を「exFAT」形式にフォーマットしてから再試行してください。

※FAT32形式の場合:FAT32の仕様上、動画は4GBごとに分割して保存されます。(おおよそ25分程度)
 exFAT形式の場合:長時間録画ができます。(ファイルは分割されません)
※「exFAT形式」をご利用になる場合には、SDXCメモリーカードを使ってください。
※exFATでフォーマットする方法はこちらへ
※SDHCメモリーカードもexFATでフォーマット可能ですが、保証対象外ですので、ご了承ください。
※入力された映像が不安定になったり中断されたりする場合は、録画が自動的に保存されるもしくは
 正常に保存されない場合があります。その際は、別のHDMIケーブルに交換して再試行してみて下さい
 (ご注意:安価な低品質HDMIケーブル、もしくは長いHDMIケーブル[例:3~5m以上]を使用する
 場合は、映像が不安定の原因となります)。
※AVT-C878の最新ファームウェアを使用することをお勧めします。
 ファームウェアダウンロードはこちらへ
SDXCのmicroSDカードに対応できますか?
はい、対応可能です。
お勧めのmicroSDメモリーカードはありますか?

弊社で検証したAVT-C878に対応できるmicroSDメモリーカードは下記のとおりです。
【参考日付:2016/11】

・ADATA microSDHC Premier UHS-I U1 16GB CL10(16GB)(GB)
・ADATA microSDHC Premier UHS-I U1 32GB CL10(32GB)
・Kingston microSDHC Class 10(32GB)
・Patriot microSDHC C10(32GB)
・Patriot EP Pro Series microSD C10 UHS-I U3(64GB)
・SAMSUNG microSDXC UHS-1 C10(64GB)
・SanDisk Ultra microSD UHS-I(16GB)
・SanDisk Ultra microSD HC U1(32GB)
・SanDisk Ultra microSD UHS-I(32GB)
・SanDisk Extreme SDXC UHS-I(128GB)
・Transcend microSD UHS-I 400x(16GB)
・Transcend microSD UHS-I PREMIUM 200x(32GB)
・Transcend microSD UHS-I PREMIUM 400x(32GB)
・Transcend microSD UHS-I PREMIUM 400x(128GB)

※対応microSDメモリーカード:microSDHC / microSDXCメモリーカード
 - スピード:「SDスピードクラス CLASS 10」もしくは「UHS-I UHSスピードクラス1」
  の使用を推奨します。
 - 対応最大容量:128GB
※対応フォーマット:FAT32形式/exFAT形式
 - FAT32形式の場合:FAT32の仕様上、動画は4GBごとに分割して保存されます(約25分程度)。
 - exFAT形式の場合:長時間連続録画ができます(ファイルは分割されません)。
 ※長時間連続録画したい場合は、「exFAT形式」のSDメモリーカードをご使用ください。
 ※「exFAT形式」をご利用になる場合には、SDXCメモリーカードを使ってください。
 ※exFATでフォーマットする方法はこちらへ
 ※SDHCメモリーカードもexFATでフォーマット可能ですが、保証対象外ですので、ご了承ください。

※自動暗号化機能搭載のmicroSDメモリーカードに対応しておりません。
※WiFi SDメモリーカードに対応しておりません。
※AVT-C878は全ての市販のmicroSDメモリーカードに対応することを保証しておりません。
※microSDメモリーカードに記録されたデータの消失・破損に関して、当社は一切その責任を負いかねます

 ので、あらかじめご了承下さい。
※microSDメモリーカードの寿命や事故によりデータが消失する恐れがありますので、
 microSDメモリーカードのデータは定期的にバックアップを行って下さい。

録画時間の目安について。
以下をご参照ください:
解像度 / 画質 ストレージ(microSDメモリーカード)
128GB 64GB 32GB
1920 x 1080p
(フルHD)
最高
(映像ビットレート
 :20 Mbps)
(6.8分 / 1GB)
約14時間30分 約7時間15分 約3時間30分
良い
(映像ビットレート
 :15 Mbps)
(9.1分 / 1GB)
約19時間25分 約9時間40分 約4時間50分
標準
(映像ビットレート
 :10 Mbps)
(13.7分 / 1GB)
約29時間15分 約14時間30分 約7時間20分

解像度 / 画質(ビットレート) 最高 良い 標準
1920 x 1080p 20 Mbps:
6.8分 / 1GB
15 Mbps:
9.1分 / 1GB
10 Mbps:
13.7分 / 1GB
1920 x 1080i 15 Mbps:
9.1分 / 1GB
12 Mbps:
11.4分 / 1GB
8 Mbps:
17.1分 / 1GB
1280 x720 15 Mbps:
9.1分 / 1GB
12 Mbps:
11.4分 / 1GB
8 Mbps:
17.1分 / 1GB
720 x 480 8 Mbps:
17.1分 / 1GB
6 Mbps:
22.8分 / 1GB
4 Mbps:
34.1分 / 1GB
※映像解像度 / ビットレートや録画可能時間は、お使いの解像度により異なります。
※単体録画モードの録画品質(映像ビットレート)の設定には「RECentral(PC版)」
 もしくはMac版の設定ツールを使用して下さい。
単体録画モードを使用している間、或は単体録画モードを始める際に、AVT-C878には不具合が起きました。

単体録画モードでは、ソース機器(パソコン・ゲーム機など)若しくはUSBアダプター/モバイル
バッテリーと接続したUSBケーブルでAVT-C878本体に給電を行います。ゲーム機によっては、
給電が不足し、動作が不安定になる場合があります。その際は、パソコンやUSBアダプターから
の給電をお勧めします。

※AVT-C878をWii U本体のUSBポートに接続して使用する場合は、給電が不足し、動作が不安定になる
場合がありますので、Wii Uの接続を避けて下さい。

※USBアダプター/モバイルバッテリーを利用する場合は、5V,1A仕様の物を使用することをお勧めします。

モバイルバッテリーに対応しますか?

はい、対応します。6000mAhのモバイルバッテリーを使用すれば、3.5時間程度使えます。
※仕様5V, 1Aのモバイルバッテリーを使用することをお勧めします。

↑ページ先頭にもどる