HOME > 製品情報 > キャプチャー製品 > AVT-C878

AVT-C878



AVT-c878

仕 様

ご購入前に必ずお読みください


ご購入前に、お客様の動作環境、および詳しい製品内容を必ずご確認下さい。
※製品に関するより詳しい情報をお求めのお客様は、以下のリンクより製品のクイックガイド、
 ユーザーマニュアル、若しくはQ&Aページをご一読ください。
クイックガイド
「RECentral(RECentral 4 - PC版)」ユーザーマニュアル
ユーザーマニュアル(PC版)
ユーザーマニュアル(Mac版)
Q&A
※AVT-C878 最新のソフトのダウンロードはこちらへ

●製品仕様

接続インターフェイス

USB 2.0(UVC・UAC対応、プラグ&プレイの簡単接続)

※AVT-C878はUVC、UAC対応のプラグ&プレイの簡単接続ですので、 
 専用ドライバーのインストールなしで、Webカメラのように自動で
 PC/Macに認識されます。

入力端子

HDMI、ヘッドセット用端子(4極)
パーティーチャット用端子(4極)

出力端子(パススルー)

HDMI、ヘッドセット用端子(4極)

最大入出力解像度

1920 x 1080(60fps)

最大録画解像度

1920 x 1080(60fps)

搭載モード

・PCモード
・単体録画モード
・カードリーダーモード

エンコード方式

ハードウェアエンコード

対応ソフト

・RECentral(最新バージョン:RECentral 4 – PC版)
・サードパーティ製ソフト(PC/Mac)

※サードパーティ製ソフトの更新により、対応できなくなる可能性
 があります。

対応機器

・ゲーム機:PlayStation 4、PlayStation 4 Pro、Nintendo Switch、
      Xbox One 、Xbox One S 、Xbox 360 、Wii U、
      ニンテンドークラシックミニ  スーパーファミコン(MINI SFC)、
      ニンテンドークラシックミニ  ファミリーコンピュータ (MINI FC) 
・iOSデバイス(iPhone、iPad、iPod touch) 


※(PlayStation 4 Proなど)4K解像度の表示・録画・配信には対応
 しておりません。最大入出力解像度は「1080p」まで対応しております
 (HDRには非対応です)。詳しくはQ&Aページ若しくはこちら
 をご参照ください。
※iOSデバイスとの接続には、別売りのApple製純正Digital AVアダプタ  
 (HDMI変換アダプタ)が必要です。 
※iOSデバイスなどの機器との接続・録画では、出力映像画面サイズ
 に制限があるため、上下左右に黒枠が生じます。AVT-C878側は仕様
 により、黒枠を除去・調整する機能を搭載しておりませんので、 
 ご了承下さい。
※PlayStation 3、Androidスマホ・タブレット、映像機器(BD/DVD
 プレイヤーなど)はHDMIケーブルで接続する場合は、HDMIから
 出力されたコンテンツはHDCPがかけられているため、映像の表示
 (ソフト、パススルー)・録画・配信ができません。
※AVT-C878の対応入出力解像度に対応しないビデオカメラ、
 メディアプレイヤー、業務用映像機器などのソース機器やモニター
 ・テレビを使用する場合は、映像の表示(ソフト、パススルー)
 ができない(※黒い画面 / No Signal / Out of Range などが表示

 されます)、または正常に録画・配信ができない場合があります。

録画形式

・MP4(PCモード)
・MOV(単体録画モード)

※サードパーティー製動画編集ソフトウェアを使用する場合は、
 こちらをご参照ください。

ストレージ(単体モード)

■対応microSDメモリーカード:microSDHC / microSDXCメモリーカード
 - スピード:「SDスピードクラス CLASS 10」もしくは
       「UHS-I UHSスピードクラス1」の使用を推奨します。
 - 対応最大容量:128GB


■対応フォーマット:FAT32形式/exFAT形式
- FAT32形式の場合:FAT32の仕様上、動画は4GBごとに分割して
 保存されます(約25分程度)。
- exFAT形式の場合:長時間連続録画ができます(ファイルは分割されません)。
 ※長時間連続録画したい場合は、「exFAT形式」のSDカードをご使用ください。
 ※「exFAT形式」をご利用になる場合には、SDXCメモリーカードを使って

  ください。
 ※exFATでフォーマットする方法はこちらへ
 ※SDHCメモリーカードもexFATでフォーマット可能ですが、保証対象外です
  ので、ご了承ください。

 

※自動暗号化機能搭載のmicroSDメモリーカードに対応しておりません。
※WiFi SDメモリーカードに対応しておりません。
※AVT-C878は全ての市販のmicroSDメモリーカードに対応すること

 を保証しておりません。
※microSDメモリーカードに記録されたデータの消失・破損に関して、
 当社は一切その責任を負いかねますので、あらかじめご了承下さい。
※microSDメモリーカードの寿命や事故によりデータが消失する恐れがあります

 ので、microSDメモリーカードのデータは定期的にバックアップを行って

 下さい。

電源

5V/1A(USB/モバイルバッテリーで給電)

本体寸法

146.8 x 57 x 46.5(mm)

本体重量

約185.5g

使用温度範囲

0~40℃

使用湿度範囲

15~90%(結露なきこと)


●録画時間の目安

例:1920x1080pを録画する場合
解像度 / 画質 ストレージ(microSDメモリーカード)
128GB 64GB 32GB
1920 x 1080p
(フルHD)
最高
(映像ビットレート
 :20 Mbps)
(6.8分 / 1GB)
約14時間30分 約7時間15分 約3時間30分
良い
(映像ビットレート
 :15 Mbps)
(9.1分 / 1GB)
約19時間25分 約9時間40分 約4時間50分
標準
(映像ビットレート
 :10 Mbps)
(13.7分 / 1GB)
約29時間15分 約14時間30分 約7時間20分
※映像解像度 / ビットレートや録画可能時間は、お使いの解像度により異なります。
 詳しくはQ&Aページをご参照ください。
※単体録画モードの録画品質(映像ビットレート)の設定には「RECentral(PC版)」
 もしくはMac版の設定ツールを使用して下さい。

●動作環境(Windows)

対応OS

Windows® 10 / 8.1 / 7

接続インターフェイス

USB 2.0(UVC・UAC対応、プラグ&プレイの簡単接続)

デスクトップパソコン – 推奨環境
CPU/グラフィックボード内蔵のハードウェアエンコーダ[NVIDIA/QSV]必須)

CPU

Intel® Core™ i5-3330以上(i7-3770以上を使用推奨)


※1080p/60fpsを録画/配信、PiP/「RECentral」のライブ編集機能を
 使用する場合は、Intel® Core™ i7-3770以上を使用することを強く
 お勧めします。

グラフィックカード

NVIDIA GeForce™ GTX 650同等以上
もしくは
AMD Radeon™ R7 250X同等以上

メインメモリ

4GB RAM以上
(8GB RAMもしくはそれ以上推奨)

ノートパソコン – 推奨環境
CPU/グラフィックボード内蔵のハードウェアエンコーダ[NVIDIA/QSV]必須)

CPU

Intel® Core™ i7-4710HQ
もしくは
Intel® Core™ i7-4810MQ

グラフィックカード

NVIDIA GeForce® GXT870M

メインメモリ

8GB RAM以上(16GB RAMもしくはそれ以上推奨)

※CPU/グラフィックボード内蔵のハードウェアエンコーダ(NVIDIA、QSVなど)を使用し、
 PCのパフォーマンスを向上することをお勧めします。詳細な設定方法はQ&Aページまで
 ご参照下さい。

※「RECentral(RECentral 4 / 3)」を実行する時、以下の症状が発生しています:
 - フレームレート(FPS)が低下してる
 - ソフトの実行速度が遅い
 - CPU使用率が高い
 その際は、以下の操作を行ってみて下さい:
 ①「コーデック」を「NVIDIA」/「AMD」/「QSV」を設定します。
 ②「ビデオフォーマット」を「H.264」に設定します。
 ③(NVIDIA GeForceのグラフィックボードを搭載する環境のみ)【NVIDIA コントロール パネル】を起動し、
  【3D設定】→【3D設定の管理】→【プログラム設定】の順に選択し、『RECentral』を指定してから
  「高パフォーマンス NVIDIA プロセッサ」を設定します。詳しくはこちらへ  
 ④起動中のほかのアプリケーション(ゲーム、動画再生ソフト、ブラウザなど)を終了します。

※詳しくは「RECentral」のユーザーマニュアルをご参照ください。
(「RECentral」のユーザーマニュアル(PC版)のダウンロードはこちらへ) 

※弊社検証したAVT-C878に対応できるノートPCは下記です:

・DOSPARA GALLERIA QSF1060HE
・G-Tune NEXTGEAR-NOTE i7901(NG-N-i7901)
・G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5320(NG-N-i5320SA1-SF)
・MSI GS60 2QE
・MSI GT60 2PC Dominator


●動作環境(Mac)

対応OS

Mac OS X 10.11以上

接続インターフェイス

USB 2.0(UVC・UAC対応、プラグ&プレイの簡単接続)

CPU

2.8GHz クアッドコアIntel® Core™ i5プロセッサ同等以上


※1080p/60fpsを録画/配信、PIPを使用する場合は、
 クアッドコアIntel® Core™ i7を使用することを強くお勧めします。
※デュアルコアIntel® Core™を使用する場合は、1080p@60fpsを
 録画 / 配信、PIPを使用する場合は、正常に動作できない、若しくは
 激しい遅延・カクツキが発生する可能性がありますので、正常に動作
 することを保障できませんので、クアッドコアIntel® Core™ i5
 以下のCPUを搭載するMacを使用することは推奨しません。

メインメモリ

8GB RAM以上
(12GB RAMもしくはそれ以上推奨)


対応ソフト

PCWindows

・RECentral(最新バージョン:RECentral 4 – PC版)
・サードパーティ製ソフト(OBS、XSplit、アマレコTVなど)

Mac

・OBS Studio for Mac(配信/録画/PIP)
・Apple QuickTime Player(録画のみ)
・LGP2 Setup Tool(AVT-C878専用の設定ツール)


対応解像度


ハードウェア
規格

最大入出力解像度

1920 x 1080 (1080p@60fps)

最大録画解像度

1920 x 1080 (1080p@60fps)

対応入出力解像度

1080p、1080i、720p、576p、576i、480p、480i

フレームレート(FPS

60、50、30、25、24、20、15

映像
ビットレート

PCモード

60 ~ 0.3 Mbps

単体録画モード

20 ~ 4 Mbps

※単体録画モードの録画品質(映像ビットレート)の
 設定には「RECentral」若しくは
 Mac版の設定ツールを使用して下さい。

録画形式

単体録画モード

MOV

ソフトウェア機能

RECentral
をご利用の際)

対応解像度

1920x1080、1680x1050、1440x900、1360x768、1280x1024、
1280x800、1280x768、1280x720、1024x768、800x600、
848x480、768x480、720x576、720x480、640x480、640x360、
576x360


※選択できる解像度は映像ソースの出力解像度/FPSにより決め
 られます(1920x1080に設定できない場合もあります)。

フレームレート
FPS

60、50、30、25、24、20、15


※選択できるフレームレートは映像ソースの出力解像度/FPS
 により決められます(60fpsに設定できない場合もあります)。

映像ビットレート

60 ~ 0.3 Mbps

録画形式

MP4

静止画
キャプチャー形式

JPG

 

●パッケージ内容物
・AVT-C878本体
・USB 2.0ケーブル(1800mm)
・HDMIケーブル(500mm)
・3.5mmステレオオーディオケーブル(4極)(1800mm)
・クイックガイド


【(PCモード)仕様・ソフトについて】

・必要なシステム条件を搭載していないパソコンの仕様(CPU処理能力の不足、メインメモリの不足、
   独立型グラフィックボードが搭載されていない、グラフィックボードの性能が足りないなど…)、
   またはWindows / Mac OSの状況などにより、本製品を正常に動作できない(1080p/60fps
   キャプチャーできない、激しい遅延・カクツキの発生など)可能性があります。
   また、1080p/60fpsをキャプチャーする、またはPiP、「RECentral」のライブ編集機能を使用
   する際は、CPU使用率が高いため、ご使用のパソコンの仕様またはWindows / Mac OSの状況
   によってはCPU使用率が100%以上占有してしまう可能性があります。AVT-C878の要求仕様
   を満たしていることを確認、若しくは他のパソコンで試して下さい。
・AVT-C878を使って、パソコンの画面でゲームをプレイする時、パソコンの仕様・お客様の設備環境
   やゲームの画面により、動画のエンコードや処理速度が違うので、表示遅延が異なります。遅延
   が 気になる場合は、別のテレビ・モニターをご使用下さい。
・「RECentra 3」をインストールすると、「AVerMedia LGP 2 Stream Engine」というプラグイン
   もインストールします。サードパーティ製ソフト(例:OBS Studioなど)を利用すれば、
  「AVerMedia LGP 2 Stream Engine」というプラグインを指定・設定して、入力される映像の表示
   のパフォーマンスを向上させることができますので、「RECentra 3」をインストールすること
   をお勧めします。
・サードパーティ製ソフトを利用すれば、1台のパソコンで複数台のAVT-C878を接続して、同時
   キャプチャーを行うことが可能です(例えば、1台はゲーム機、1台はカメラ等)。但し、パソコン
   のパフォーマンスにより、複数接続する場合はCPU使用率が100%以上占有してしまい、正常に使用
   できない可能性がありますので、正常に使用することを保証できません。
・「RECentral」をご利用する際は、録画形式はMP4のみ対応しております。
・「RECentral」はMacには対応しておりません。
・仕様および外観は製品改良のため、予告なく変更されることがあります。


【単体録画モードについて】

・USBアダプター/モバイルバッテリーを利用する場合は、5V,1A仕様の物を使用することをお勧め
   します。
・単体録画モードでは、ソース機器(パソコン・ゲーム機など)若しくはUSBアダプター/モバイル
   バッテリーと接続したUSBケーブルでAVT-C878本体に給電を行います。ゲーム機によっては、
   給電が不足し、動作が不安定になる場合があります。その際は、パソコンやUSBアダプターから
   の給電をお勧めします。
・AVT-C878は全ての市販のmicroSDメモリーカードには対応することを保証できません。
・自動暗号化機能搭載のmicroSDメモリーカードに対応しておりません。


【接続・録画について】

‧ 本製品はHDMIケーブルで接続する際は、HDCP(不正コピーを防止する著作権保護技術)制限
 により、映像の表示(ソフト側が「Copy Protected Content」と表示され、使用できません)・
 録画・配信ができない場合があります。
・PlayStation 4、Xbox Oneに対応するゲーミングヘッドセットを利用することをお勧めします。
・iPhone / iPod付属のイヤホン(EarPods with 3.5 mm Headphone Plug)に対応しておりません。
・AVT-C878の対応入出力解像度に対応しないビデオカメラ、メディアプレイヤー、業務用映像機器など
 のソース機器やモニター・テレビを使用する場合は、映像の表示ができない、または正常に録画・配信

 ができない場合があります。
・他社製の映像変換コンバーター/スプリッタなどを使用する場合は、ご使用の機器の回路仕様
 などにより、AVT-C878の対応解像度が合っても対応できない場合もあります。

・本製品は他社製の映像変換コンバーター/スプリッタ/分配器などに対応することを保証しません。

↑ページ先頭にもどる