Live Streamer MIC 133

Live Streamer MIC133(AM133) は小型軽量な単一指向性のマイクです。高品質な音声の収録を必要とする、ストリーマー、Youtuber、コンテンツクリエイターのために設計されました。本体は、持ち運んで屋外でも気軽に使用できる超軽量設計です。

様々なデバイスに対応

Live Streamer MIC 133 は、3.5mm オーディオジャックを使用してカメラに接続することが可能です。また、iOS / Android OS搭載のスマートデバイスやパソコンでも使用可能です。
* 一部の機器への接続にはその機器に対応した変換アダプタ(Lightning / USB Type-C - 3.5mm 変換アダプタ)が別途必要です。

カメラのオーディオをランクアップ

カメラ内蔵の非力なマイクを使うことでビデオのクオリティを下げていませんか?Live Streamer MIC 133を使えば豊かで濃密なオーディオがあなたのビデオをレベルアップさせてくれます。一眼レフカメラや、ビデオカメラのホットシューに接続するだけで高品質なオーディオを収録することができます。

ライブストリーミングと出かけよう

Live Streamer MIC 133の軽さと携帯性は、スマホとの組み合わせることでどんな場所での配信でも録音能力を向上させてくれます。製品付属のウインドスクリーンを取り付けると、風切り音や息などの雑音を効果的に低減することができます。

パソコンに繋いで屋内でも

パソコンに繋いで屋内でも 付属のメタルスタンドを使用ってデスクに置いてパソコンに繋いで使うこともできます。

充実の付属品

4極-3極 3.5mm オーディオアダプタケーブルを使用すれば、マイクとヘッドホンをスマホに同時に接続することが可能で、マイクを取り外すことなく収録した音声や、システム音を聴くことができます。

小型軽量デザイン

簡単に全ての付属品をキャリングケースに入れることができるので、どこに行ってもすぐに収録を始められます。

仕 様

仕様

• マイク形式:単一指向性コンデンサーマイク
• 極性パターン:カージオイド
• 接続インターフェース(出力):3.5mm オーディオジャック(マイク出力端子)
• 電源:プラグインパワー方式(デバイスから直接電源供給されるタイプ)
• 周波数特性:20 ~ 16,000 Hz
• 感度:-37 dB ± 3 dB(0 dB = 1V/Pa、at 1kHz)
• S/N:60 db(at 1kHz)
• インピーダンス:1.5 K Ω
• 最大SPL:110dB(at 1kHz)
• 寸法(スタンド組込時):70 x 83.3 x 132.25 ㎜
• 重量(スタンド組込時):約80g

要求仕様

3.5mm オーディオジャックを搭載したカメラ、スマートフォン / タブレット、パソコン

※3.5mm オーディオジャック(ヘッドホン端子)を搭載していないスマートフォン(例:iPhone 7以降の機種など)やタブレットで使用する場合は、その機器に対応した変換アダプタ(Lightning - 3.5mm、USB Type-C - 3.5mmなど)が別途必要です。(本製品に変換アダプタは付属しておりません) ※AM133はiPhone 7以降の機種にのみ対応しております。iPhone 7より前のモデルでは本製品の正常動作は保証いたしかねます。 ※本製品は全てのデバイス及び変換アダプタの動作を保証するものではありません。
同梱物

• マイク本体(AM133)
• ショックマウント
• メタルスタンド(マイクスタンド)
• ウインドスクリーン
• 3極-3極 3.5mm オーディオケーブル
• 4極-3極 3.5mm オーディオアダプタケーブル
• キャリングケース(収納バッグ)
• クイックガイド

 
  AM133 AM310
接続インターフェイス 3.5mm オーディオジャック USB 2.0
マイク形式 コンデンサーマイク コンデンサーマイク
指向特性 単一指向性 単一指向性
電源 プラグインパワー方式
(デバイスから直接電源供給されるタイプ)
USBバスパワー
周波数特性 20  〜 16,000 Hz 20 ~ 20,000 Hz
感度  -37 dB ± 3 dB
(0 dB = 1 V/pa、at 1 kHz)
-40 dB ± 5 dB
(0 dB = 1 V/pa、at 1 kHz)
最大SPL 110 dB SPL(at 1 kHz) 120 dB SPL(at 1 kHz)
付属ソフトウェア 付属しておりません 付属しておりません
本体寸法 ・20.8 x 20.8 x 121 mm
・70 x 83.3 x 132.25 mm(スタンド組込時)
90 x 130 x 270 mm(スタンド組込時)
本体重量 ・約30g
・約80g(スタンド組込時)
460g(スタンド組込時)

動画

ギャラリー

Q&A

※このページに記載されているすべての商標、製品名、設定画面、ホームページアドレスなどは、それぞれ各社の商標または登録商標、各社が権利を有する著作物です。

  • セットアップについて

    AM133の接続方法について教えてください。

    AM133のクイックガイドをご一読ください:

    ・カメラへの取り付け:4 ~ 6ページ
    ・スマートフォーンへの取り付け:7 ~ 10ページ
    ・パソコンへの取り付け:11 ~ 12ページ

    ★AM133の正しい取り外し方:
    AM133を接続機器から取り外す際は、下図のように、接続機器(以下例:パソコン)に接続しているオーディオケーブルを先に取り外してください。

    ※接続機器からではなく、AM133からオーディオケーブルを先に取り外して、オーディオケーブルをAM133に再接続すると、AM133が正常に使用できない場合があります。
    その場合は、以下の方法を試してください:
    Step 1. 接続しているオーディオケーブルを外します。 Step 2. オーディオケーブルの端をAM133の3.5mm オーディオジャック(マイク出力端子)に、オーディオケーブルのもう一方の端を接続機器の3.5mm オーディオジャック
    (ヘッドホン / マイク端子など)にそれぞれ接続します。

  • AM133はiPhoneに対応しますか。

    はい、対応します。ただし、AM133はiPhone 7以降の機種にのみ対応しております。
    iPhone 7より前のモデルでは本製品の正常動作は保証いたしかねます。
    なお、iPhone 7以降の機種は3.5mm オーディオジャック(3.5mm イヤホンジャック)を搭載していないため、AM133と接続する場合は、iPhoneに対応したLightning - 3.5mm 変換アダプタ(例:Apple製純正Lightning - 3.5mm ヘッドフォンジャックアダプタ)が別途必要です。
    (本製品に変換アダプタは付属しておりません)

    • ※USB Type-Cのみ搭載するスマホ / タブレットを使用する場合はその機器に対応した USB Type-C - 3.5mm 変換アダプタが別途必要です。
    • ※本製品は全てのデバイス及び変換アダプタの動作を保証するものではありません。
  • AM133はカメラのホットシュ̶にぴったり合いますか?

    AM133は標準サイズ、ユニバーサル・ホットシューに対応しております。
    この標準タイプのシューはほぼ全てのカメラに装着することができます。万が一、ご使用のカメラが特殊なホットシューを使用している場合など特注のアダプタが使用されている場合は、カメラのメーカーにお問い合わせいただきユニバーサル・ホットシューを装着するための変換方法をお尋ねください。

  • AM133でマイク音声の品質が不安定になります。

    以下をご確認ください:

    1. 本製品は正面を中心として半径70cm範囲の音を集音する、単一指向性マイクです。マイクを置く位置を考慮し、マイクの音を遮る物がないようにご注意ください。
    2. 録音環境を改善してください(AM133は高感度集音能力を持つマイク製品なので、環境ノイズを拾いやすいためです)。
    3. (パソコンを使用する場合)パソコンのスピーカーの音量を下げる、もしくはヘッドホンをご使用ください。
    4. AM133付属のオーディオケーブルをご使用ください。
  • パソコンにAM133を接続しましたが、音の入力ができません。

    以下の方法をお試しください:
    1. 接続しているオーディオケーブルを一旦抜いたあと、もう一度差し直してください。

    接続方法の再確認:

    ①3.5mm オーディオジャック(3極)を搭載したパソコンに接続する場合:
    AM133付属の「3極-3極 3.5mm オーディオケーブル」を使用し、ケーブルの端をAM133のマイク出力端子に、ケーブルのもう一方の端をパソコンの3.5mm マイク端子(ピンク色の端子)にそれぞれ接続します。

    ②3.5mm オーディオジャック(4極)のみを搭載したパソコン(例:Mac)に接続する場合:
    AM133付属の「4極-3極 3.5mm オーディオアダプタケーブル」を使用し、ケーブルの端(3極)をAM133のマイク出力端子に、ケーブルのもう一方の端(4極)をパソコンの3.5mm ヘッドホン端子にそれぞれ接続します。

    • ※ご使用のパソコンの仕様に応じて、AM133付属の「3極-3極 3.5mm オーディオケーブル」もしくは「4極-3極 3.5mm オーディオアダプタケーブル」を正しくご使用ください。
    • ※誤った接続方法で接続している場合は、入力したマイク音声が小さくなります。ケーブルを正しく接続してください。
    • ※マイクの接続については、本Q&A(設定について)の「AM133の接続方法について教えてください。」をご確認ください。

    2. マイク(AM133)が正しく設定可能かどうか、改めてご確認ください。

    ※マイクの設定については、本Q&A(設定について)の「AM133がPCで正常に認識されているかどうかの確認方法…」もしくは「AM133がMacで正常に認識されているかどうかの確認方法…」をご確認ください。

  • 設定について

    AM133がPCで正常に認識されているかどうかの確認方法、または配信/録音/通信ソフトウェアの設定方法について教えてください。

    以下の手順に従って操作を行ってください(※Windows 10で使用する場合)。

    Step 1.
    デスクトップ右下の通知領域から【スピーカー】アイコンの上で右クリックをします。
    表示されるメニューから「サウンド」をクリックし、「録音」を選択します。下図のように、「マイク(High Definition Audio デバイス)」が表示されるかどうか、ご確認ください。

    • ※「マイク(High Definition Audio デバイス)」を既定のデバイスに設定してください。
      (設定方法:「マイク(High Definition Audio デバイス)」を選択して「既定値に設定」を押してください。)
    • ※音声が入力されている場合は、入力された音声の音量の高低の変化が表示されます。
    • ※マイク(AM133)の入力音声の大きさを調整する方法:
      下図のように、「プロパティ」をクリックし、「レベル」タブを選択します。
      スライダーを使用し、音声レベル(入力音声の大きさ)をお好みの音量に調整することができます。
    • ※他のソフトウェアの音声が収録されてしまう場合は、以下の方法を試してください:
      デスクトップ右下の通知領域から【スピーカー】アイコンの上で右クリックをします。
      表示されるメニューから「音量ミキサーを開く」をクリックします。
      下図のように、システム音声や起動中の各ソフトウェアの音声の大きさを調整またはミュート(消音)することができます。もしくは非使用のソフトウェアを終了する方法もあります。

    Step 2.
    配信/録音/通信ソフトウェアを起動し、AM133を指定・設定してください。

    【設定例① OBS Studioを使用する場合】
    「設定」→「音声」の順に選択し、「マイク音声デバイス」を「既定」もしくは「マイク(High Definition Audio デバイス)」に設定してください。


    【設定例② RECentralを使用する場合】
    「ミキサー」をクリックし、「マイク/他のサウンドデバイス」を
    「デフォルト - マイク(High Definition Audio デバイス)」に設定してください。

  • AM133がMacで正常に認識されているかどうかの確認方法、または配信/録音/通信ソフトウェアの設定方法について教えてください。

    以下の手順に従って操作を行ってください(※macOS 10.14で使用する場合)。

    ※Macと接続する場合は、AM133付属の「4極-3極 3.5mm オーディオアダプタケーブル(マイク・ヘッドホン分岐オーディオアダプタケーブル)」をご使用ください。

    Step 1. Appleメニューの【システム環境設定】をクリックします。
    表示されるメニューから【サウンド】をクリックし、「入力」タブを選択します。
    下図のように、「外部マイク マイクポート」が表示されるかどうか、ご確認ください。

    • ※音声が入力されている場合は、入力された音声の音量の高低の変化が表示されます。
    • ※マイク(AM133)の入力音声の大きさを調整する方法:
      下図のように、スライダーを使用し、AM133の入力音量を調整します。
    • ※「4極-3極 3.5mm オーディオアダプタケーブル」はMacのヘッドホン端子を使用していますので、パソコンの音声や録音ファイルを聴く場合は、アダプタケーブルのヘッドホン出力端子でイヤホンに接続してください。(詳しくはクイックガイドの10ページをご参照ください)
    • ※イヤホンの出力音声の大きさを調整する方法:
      下図のように、「出力」タブを選択してください。
      「ヘッドフォン ヘッドフォンポート」を選択し、スライダーを使用し、出力音量(主音量)を調整します。

    Step 2.
    配信/録音/通信ソフトウェアを起動し、AM133を設定します。

    【設定例① OBS Studioを使用する場合】
    「設定」→「音声」の順に選択し、「マイク音声デバイス」を「既定」に設定してください。

    【設定例② Skypeを使用する場合】 Skypeメニューの【オーディオとビデオの設定】をクリックします。
    「マイク」を「既定のデバイス」に設定してください。

ダウンロード

  • 掲載日:2019.03.01
    ファイル形式:PDF
    • AM133 クイックガイド