HOME > 製品情報 > ホーム・エンターテインメント > AVT-C293

AVT-C293



特 徴



子供や孫の誕生、入学式や卒業式、学芸会、運動会、家族旅行.....、そんな大切な思い出を収めたビデオテープがご家庭の押し入れやクローゼットで眠っていませんか? AVerMediaの『キオクのひきだし(AVT-C293)』は、そんな大切なビデオ映像を、パソコンなしでデジタルデータに変換できる機器です。  操作方法はカンタン。VHSやベータ、8mm、miniDVなど、お手持ちのビデオ機器と本製品をケーブル接続し、昔ながらのダビングの手法で、デジタル録画したいところでリモコンの録画ボタンを押すだけ。もちろん、一時停止ボタンを使って、元のビデオデータの好きなシーンだけをつなぎ合わせる簡易編集も可能です。

ケーブル接続方法も、イラスト図解・パソコンいらずのラ
  クラク操作

本製品をテレビに接続すると、ビデオカセットテープレコーダーやビデオカメラなどの各種ビデオ機器の接続方法などもイラストで表示されるので、機械は苦手という方でも、安心してお使いいただけます。また、その操作は付属リモコンによるカンタン操作。操作手順もビデオ機器との接続や、録画時間の設定・確認をして、あとは録画ボタンを押すだけのシンプルなステップ操作を実現しています。
S端子とコンポジットの2系統入力に対応
本製品の映像入力は、コンポジットとS端子の2系統で、リモコン操作で簡単に入力を切り換えることができます(音声は1系統なので、映像ソースにあわせてケーブル接続を変更する必要があります)。出力はHDMIとD端子(D4/D5対応)をサポート。本体サイズは幅190x奥行き152.5x高さ33.5mmで、その消費電力は4W(本体のみ)と、省電力性にも優れています。
セピア調などの映像効果もサポート
ビデオをデジタル録画する際に、オリジナルのビデオを色鮮やかに再生したり、セピア調にしたりという映像効果を加えることができます。大切な思い出のビデオのちょっとした演出にご活用ください。
録画データは年代順でも整理可能
デジタルデータに変換した録画データは、もともとのビデオの録画日時で整理することができるため、大切な家族の思い出を、分かりやすく管理することができます。もちろん、録画データを家族や個人、家族、親友、旅行などの分類に分けたり、ファイル名順に整理することも可能です。
2つのストレージに対応することで、データコピーやバッ
  クアップもカンタン

「キオクのひきだし」では、録画データ保存用ストレージとして、2.5インチ内蔵HDD(7/9.5mm厚まで)と、外付けUSB HDDの2種類のストレージ(HDDは別売)をサポートしています。この2つのストレージを組み合わせることで、内蔵HDDに保存されたデータを、USBメモリにコピーしたり、録画したデータ全てを、USB HDDにバックアップしたりといった使い方ができます。  また、本製品のデジタル録画データは、パソコンやデジタルビデオ機器でも一般的なMP4形式を採用しているため、データのコピーを離れて暮らす家族に送っても、本機だけでなくパソコンなどでも映像を楽しむことができます。

※本製品はメディアプレイヤー機能が付きません、テレビとビデオデッキやビデオカメラなどの映像機器が必要です。
↑ページ先頭にもどる