HOME > 製品情報 > 生産終了製品 > AVT-C875

AVT-C875



c875
本製品は、生産終了品です。
本ページは、2019年01月時点での情報であり、更新・修正は行われません。
現在の情報とは異なる場合がありますのでご注意ください。
また、リンク先の内容が異なっていたり、無くなっている場合がありますが、ご了承ください。

特 徴

「ポータブル・ビデオキャプチャーデバイス[AVT-C875]は、持ち運びに便利なコンパクトサイズで、録画・ライブ配信に対応する「PC録画モード」とPC不要の「単体録画モード」を搭載した録画デバイスです。家庭用ゲーム機の録画をはじめ、PCゲームの録画やHDMI/コンポーネント接続による録画・ライブ配信など、用途に合わせて幅広くご利用いただけます。 ポータブル・ビデオキャプチャーデバイス「AVT-C875」で、新しいREC(録画)スタイルをお楽しみください。
購入
法人用途には法人向け機器をご用意しております。
くわしくはこちら

カスタマイズ録画やライブ配信が楽しめる
  「PC録画モード」と、どこでも自由にシンプルに
   録画を楽しめるPC不要の「単体録画モード」を搭載。

HDMI/AV INの入出力端子を搭載しています。HDMIケーブルと付属の「AV IN – コンポーネント
AV変換ケーブル」と「PS3専用ケーブル」を使用すれば、PlayStation 4、Nintendo Switch、
Xbox One、Wii U、PlayStation 3、Wiiなどなどの家庭用ゲーム機のプレイ映像を録画・ライブ
配信することもできます。パソコンを接続する場合、他のパソコンはもちろん、現在のPC(録画・
ライブ配信を行う現在使っているパソコン)を録画・ライブ配信・静止画キャプチャーも可能で、

PCゲーム録画にもソフト開発にも大活躍!

 

※本製品はHDCP非対応の製品のため、HDMIケーブルで接続する際は、 HDCP(不正コピーを防止する
 著作権保護技術)制限により、映像の表示(画面が真っ暗な状態)・録画ができない場合があります。
※PS3の画面を録画・ライブ配信する際、本製品付属の「PS3専用ケーブル」をご利用下さい。
※PS4からキャプチャーする際、必ずPS4の「システムソフトウェア バージョン1.70」以降に
 アップデートしてから、PS4側で「設定」→「システム」→「HDCPを有効にする」のチェックを
 外して下さい。(但し、BD/DVDなどを録画ができません。)



【PC録画モード】
H.264ハードウェアエンコーダ搭載で、PCに負荷をかけず、録画/ライブ配信をしながら、超低遅延でPCの画面でゲーム/コンテンツが楽しめます!HDMI出力は表示遅延なしのパススルー機能も搭載で、録画・ライブ配信しながらリアルタイムにゲーム可能。
AVT-C875 PC録画モード接続イメージ
【PC不要の単体録画モード】
パソコン不要、動画をSDメモリーカードに保存して録画が楽しめます。本体中央にあるSTARTボタンを押すだけでらくらくHD録画が実現!
AVT-C875 単体録画モード接続イメージ
HDMI・AV IN入出力端子搭載
コンパクトなボディにHDMI・AV IN端子(コンポーネント変換可能)と、音声端子の入出力を搭載するパススルー機能で、HD録画しながらリアルタイムにゲームプレイ可能!
HDMI・AV IN入出力端子搭載
※AVT-C875は直接USB/3.5mmピンジャック接続のマイク/ヘッドセットに対応しておりません。
   マイク/ヘッドセットを利用する場合は、PC録画モードでパソコンと接続してください。
   (注意:単体録画モードではマイク/ヘッドセットを接続・利用することができません。)
   ・マイクを利用する「PC録画モード」の実況録画の作成方法について:
      https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=D64B8Te-i4Y
らくらく接続
ACアダプター不要、USBだけで、ノートPCにもデスクトップPCにも気軽に利用できます。豊富な付属ケーブルでゲーム機・PC等のあらゆるハードと接続、どこでも自由にシンプルに利用できます。
らくらく接続
STARTボタンにLEDインジケーターを搭載!
本体中央にあるSTARTボタンを押すだけで簡単に録画可能。LEDインジケーターは、PC録画モード起動時は青く、単体録画モード起動時は赤く光ります。ライブ配信にも対応しており、動作状況によりLEDインジケーターの色が変化。ゲームを中断することなく、プレイしながら取りたいシーンを逃さず残せます。
STARTボタンにLEDインジケーターを搭載 ※コピーガードにより録画・ライブ配信ができない場合があります。(HDCP、マイクロビジョンなど)
専用ソフト「RECentral」付属

PC録画モード時に、専用ソフト「RECentral」を使えば、豊富なカスタマイズ録画機能が利用可能
。直感的なインターフェースで手軽に録画・配信ができます。また、ニコニコ生放送 / Twitch /
YouTube Live / Hitboxなどの各種動画配信サービスに対応しており、各種動画配信サービスの
アカウント登録しておくだけで、すぐにライブ配信が楽しめます。

RECentral画面イメージ
※RECentral(Windows版)のソフト/ユーザーマニュアルのダウンロードはこちらへ
※本ソフトを使用する際は、AVT-C875のユーザーマニュアルをダウンロードしてご参照下さい。
※「RECentral」はUstreamに対応しておりません。
便利なタイムシフト機能を搭載!
PC録画モード時に、取り逃した動画の1時間前までさかのぼり再生・録画することができます。
タイムシフト機能画面イメージ
サードパーティ製のソフトにも対応する
  「Stream Engine」付属

付属のソフトウェア『Stream Engine』を使えば、OBS(Open Broadcaster Software)、アマレコTV、NLE(Niconico Live Encoder)など、 様々なサードパーティ製のDirectShow録画・ライブ配信ソフトウェアに対応できるため、使い慣れたソフトウェアでゲームプレイの録画・ライブ配信 も可能です。ゲーム機のプレイ動画をパソコンに保存したり、動画共有サイトに投稿したり、各種動画配信サービス(YouTube、Twitch、ニコニコ生放送など)にライブ配信をしたり、使い方は自由自在!
Stream Engine

※『Stream Engine』のソフトウェア、ユーザーマニュアルのダウンロードはこちらへ

※『Stream Engine』を使用する場合は、『Stream Engine』のユーザーマニュアルをダウンロード

 してご一読ください。ユーザーマニュアルのダウンロードはこちらへ(※64ビット版の

 『Stream Engine』のユーザーマニュアルは現在更新中のため、しばらくお待ちください)。

※『Stream Engine』をインストールする前に、AVT-C875のドライバーをインストールしてください。

※64ビット版のサードパーティ製ソフトウェアを利用する場合は、最新版(2018年10月時点:

 バージョン 1.3.0.17 [64 & 32ビット版両対応]以降)の『Stream Engine』をご使用ください。

※XSplitを利用する際は、『Stream Engine』を使用する必要はありません(AVT-C875はXSplitの

 公式承認製品です)。

※『Stream Engine』を『RECentral』と同時に使用できません。

※サードパーティ製ソフトウェアを使用してライブ配信を行う際は、『Stream Engine』の録画機能

 (ハードウェアエンコーダで行う)と同時にご利用いただくことができます。

※ソース機器(ゲーム機など)側の出力設定が正しく設定されていないと、ソース機器の映像が正常に

 映らない / 音声が聞こえない場合があります。ソース機器の出力設定・接続ケーブルを再度

 ご確認ください(例:接続ケーブルはコンポーネントを使用する場合は、ソース機器の出力設定は

 コンポーネントに設定してください)。

※AVT-C875をHDMIケーブルで接続した際に、HDCP(不正コピーを防止する著作権保護技術)制限に

 より、映像の表示ができない(“HDCP” / 黒または青い画面 などが表示されます)、または正常に

 録画・配信ができない場合があります。

 ・PlayStation 4、Xbox Oneなどのソース機器を使用する場合は、ソース機器側の設定でHDCP

  (不正コピーを防止する著作権保護技術)をあらかじめオフにしてください。

 ・iOSデバイス(iPhoneなど)を使用する場合は、HDCP解除の方法はこちらへ

※『Stream Engine』はサードパーティ製ソフトウェアに対応しておりますが、

 但し、全てのサードパーティ製ソフトウェアの動作を保証するものではありません。

※各サードパーティ製ソフトウェアに対するお問い合わせ、その他のご質問につきましては、

 各ソフトウェアのサポート窓口などにお問い合わせください。

※各サードパーティ製ソフトウェアの使用によって生じたあらゆる直接的・間接的損害に関して、

 AVerMedia Technologiesは一切の責任を負いません。

配信ソフト「XSplit Broadcaster」公式対応!
XSplit Broadcasterは、プロフェッショナルかつ簡単に使用できるブロードキャストソフトウェアで、ゲーム画面を録画・ライブ配信ができます。また、ニコニコ生放送、Twitch、YouTube Liveなどの各種動画配信サービスに対応しており、各種動画配信サービスのアカウント登録しておくだけで、すぐにライブ配信が楽しめます。(XSplit Broadcasterの簡易版「XSplit Gamecasterも対応可能」)また、複数の映像ソースを一つの画面に同時に表示可能の「ピクチャー・イン・ピクチャー(PiP)」機能搭載することで、ゲーム配信をする時に、webカメラを用意すれば、ゲーム画面にWebカメラの映像(自分の顔)を表示することはできます。

Xsplit ※XSplitの詳しく情報はXSplit本社までご参照して下さい:https://www.xsplit.com/?lang=ja
※ニコニコ生放送を行う場合は、ニコニコ生放送の規制により、お先にニコニコ生放送サイトにログイン・番組を
 作成しないと、ライブ配信ソフト側ではニコニコ生放送にログイン・ライブ配信ができません。
※XSplitを利用する際は、Stream Engineを使用する必要はありません。
 (AVT-C875はXSplitの公式承認製品です。)
macOSにも対応!
待望のMac対応!「RECentral (macOS版)」を使えば、シンプルで、豊富なカスタマイズ録画
・ループ録画・静止画キャプチャー機能を駆使し、Macユーザーでも手軽にMacでゲームの画面
・音声をキャプチャーすることが可能です!
RECentral Mac

※「RECentral(macOS版)」のソフトウェア / ユーザーマニュアルのダウンロードはこちらへ

※AVT-C875の仕様ページで、「RECentral(macOS版)」に関する詳しい情報、要求仕様、注意事項を

 必ず確認してください。

※製品の仕様上、Mac環境では入力されているゲーム機・映像機器の映像の表示が1秒前後遅れます。

 遅延が気になる場合は、AVT-C875のパススルー機能を使用し、別のモニターなどに表示してを

 ご使用ください。

※macOSの環境では、AVT-C875は「RECentral(macOS版)」にのみ対応しております

 (サードパーティ製ソフトウェアには対応しておりません)。

※「RECentral(macOS版)」は「ライブ配信機能」を搭載しておりません。

※「RECentral(macOS版)」は「タイムシフト機能」を搭載しておりません。ループ録画機能にのみ

 搭載しております。詳しくは『RECentral(macOS版)」のユーザーマニュアルをご一読ください。

ハードウェアエンコーダ搭載
H.264ハードウェアエンコーダ搭載で、PCに負荷をかけず、録画・ライブ配信をしながら、超低遅延でPCの画面を通してゲーム/コンテンツが楽しめます。
ハードウェアエンコーダ搭載
iPhone/iPad/iPod touchのゲームアプリの録画に対応
Digital AVアダプタ(HDMI変換アダプタ)を使用すれば、 AVT-C875の専用ソフト「AVerMedia
RECentral(ソフトソフトバージョン 1.3.0.94以降)」を通して、iPhone / iPad / iPod touch
(以下、「iOSデバイス」)のゲームアプリをキャプチャーすることができます。
高画質で、安定的に録画・配信できます。
iPhone/iPad/iPod touchのゲームアプリの録画に対応
※ご注意:
iOSデバイスを録画する場合、iOSデバイスの仕様上、RECentralの「HDCP検出機能」をoffにする必要が
あります。なお、「HDCP検出機能」をoffにしても著作権保護されたコンテンツを録画・配信できません。
あらかじめ承知おきください。
※ 詳細な操作・設定内容を参照することをおすすめです。(PDFで表示

【接続について】
1. iOSデバイスとの接続には、別売りのApple製純正Digital AVアダプタ(HDMI変換アダプタ)が必要です
 (付属しておりません)。
2. (2015.10現在)アンドロイドスマホ・タブレットの録画は現在対応しておりません。

【キャプチャー(録画・配信)について】
1. iOSデバイスのキャプチャーはAVT-C875専用ソフト「AVerMedia RECentral(Windows版)」のみ
 対応しておりますので、iOSデバイスを録画・配信する際は、必ずAVerMedia RECentralのバージョンが、
 「ソフトウェアバージョン 1.3.0.94 / ドライバーバージョン 3.7.x.39」以降であることを確認の上、
 ダウンロード・インストールしてご使用下さい。AVT-C875のドライバー、RECentralの最新バージョンの
 ダウンロードページはこちらヘ
2. AVT-C875の単体録画モードをご利用になる場合は、iOSデバイスのキャプチャーに対応しておりません。
3.「RECentral (macOS版)」をご利用になる場合は、iOSデバイスのキャプチャーに対応しておりません。
4.「HDCP検出機能」をオフにすると、iOSデバイスのゲームアプリ・他のアプリを録画・配信できますが、
  iTunesなどの版権物(映画コンテンツ)などは録画・配信できません。
5. iOSデバイスの・録画では、iOSデバイス側の仕様のため、黒枠が必ず発生します。AVT-C875側は仕様
  により、黒枠を除去・調整する機能を搭載しておりません。ご了承ください。
6.「HDCP検出機能」がオフになっている場合は、HDMIケーブルでPS3などを接続をしている場合、
  映像の表示(ソフト、パススルー)ができなくなります。(黒い画面/No Signal。)PS3などの
  映像を表示する場合は、 RECentralの【一般設定】で「HDCP検出機能」をオンにしてください。
 (但し、HDCPがかけられていますので、映像の表示はできますがキャプチャーすることができません。)
1080pの高画質をそのまま録画
AVT-C875は、多種の入力解像度に対応しています。最高入力解像度は1920×1080/60fpsを対応、最大録画品質は1920×1080/30fps。ゲームプレイなどを高画質でそのまま鮮明に録画することができます。
【PC録画モード】※「RECentral」使用時
対応解像度 60p 1920×1080、1680×1050、1440×900、1360×768、1280×1024、1280×800、1280×768、1280×720、1024×768、800×600、720×480、640×480
60i 1920×1080
50p 1920×1080、1280×720、720×576
50i 1920×1080
30p~24p 1920×1080(30p)、1920×1080(25p)、1920×1080(24p)
対応録画解像度 60p 1280×800、1280×768、1280×720、1024×768、800×600、720×480、640×480
50p 1360×768、1280×720、720×576
30p 1920×1080、1680×1050、1440×900、1280×1024
25p~24p 1920×1080(25p)、1920×1080(24p)
【単体録画モード】※「PC-Free Utility」使用時
対応解像度 60p 1920×1080、1280×720、720×576、720×480
30p 1920×1080、1280×720、720×576、720×480
対応録画解像度 - 1080p、720p
※ほとんどのゲームにおいて、コマ落ちすることはありません。ただし、1080pで録画した際に、通常時よりも高い映像処理が必要な場面に対しては、コマ落ちする可能性があります。
購入
法人用途には法人向け機器をご用意しております。
くわしくはこちら

※ご自身が権利を有するもの、または著作権者の許諾を得た素材で利用して下さい。 
 本製品を使用して録画したデータを、私的な目的以外で 著作権や他の権利者の承諾を得ずに
 複製、配布、配信することは、 著作権や国際条約により禁止されています。 
※本製品は他社製の映像変換コンバーター/スプリッタ/分配器などに対応することを保証しません。
※「AVerMedia」はAVerMedia Technologies, Inc.の商標(または登録商標)です。 
※当社サイトその他パッケージ、マニュアル、カタログ等に記載されているすべての商標は各社
 の登録商標または商標です。 
※並行輸入品にご注意下さい: 
 並行輸入品には輸入元の国・地域が発行した地域保証が付与されますが、地域保証はその地域内
 のみが適用範囲となります。日本国内での正規保証が適用されません。現状、サポートセンター
 の人的・物的な対応余力、及びそれら海外仕様製品に係る技術的ノウハウ等の観点から、
 修理・メンテナンスなどのアフターサービスを行うことができません。また、これら並行輸入品
 のご購入に関するトラブルにつきましても、弊社では対応いたしかねます。ご理解のほど
 お願い申しあげます。

 

↑ページ先頭にもどる