(最新バージョン:RECentral 4)

録画・ライブ配信・ 動画共有

RECentral 4

に配信しよう!

RECentral 4

RECentral

RECentral は録画・ライブ配信・動画共有をするためのソフト ウェアです。簡単設定で、録画、配信画面のカスタマイズ ができます。各種動画配信サービスのアカウントを登録して おくだけで、すぐにライブ配信が楽しめます。ピクチャー・イン・ ピクチャー(PiP)、マルチ配信、クロマキー合成、ライブ編集など、 多機能ながら直感的に操作でき、初心者からプロ実況者まで、幅広く使えます!


Download RECentral
バージョン 4.3.0.34(Beta版)|リリース日:2018年09月20日

※(初めて『RECentral』をご利用する方へ)
 GC573、GC550などの製品を使用する場合は、
専用ドライバーのインストールは必要なので、
製品ページのダウンロードで専用バージョン
をダウンロードしてください。

CPU使用率削減、
20%以上の効率化

RECentral は64bit OSにネイティブで対応となり、以前のバージョンより、CPUの使用率を大幅に削減。約20%以上の効率化を実現しました。さらに、「シングルモード」を選択し、ハードウェアエンコード対応のゲームキャプチャーと一緒使えば、ゲーム 画面録画時の、CPU利用率をさらに下げることができます

低画質で配信しながら、
高画質で録画可能

RECentral は配信しながら、録画することができます。また、配信と録画の画質を別々で設定することが可能です。ニコニコ生放送に低画質で配信をしながら、高画質で動画をバックアップすることが可能です。配信した後の動画編集にも便利です。

オーディオミキサー

音量調節バーで動画、マイク、他のオーディオソースの音量の大きさを自由に調節し、ミックスした後の音声を動画と一緒に記録できます。また、キャプチャーデバイスを使用する際に、動画とマイクの音声がズレる場合、マイク音声を遅延させる機能があります。

シングルモード

 ピクチャー・イン・ピクチャー(PiP)という機能を使わない場合、シングルモードをお勧めします。複雑な設定を行う必要はありません。もっとも高画質かつシンプルな動画を録画やライブ配信することができます。シングルモードを使えば、パソコンの使用率を大幅に軽減できます。パソコンのパフォーマンスや録画・配信の安定性を求める方に最適です。

RECentral 4

REC

RECentral 4

マルチモード

録画・配信画面をカスタマイズする場合、マルチモードをおすすめします。 ピクチャー・イン・ピクチャー(PiP)、クロマキー合成、ライブ編集など、多機能に対応しているので、自分好きなレイアウトを作って配信することができます。簡単な設定で、プロのような実況者になれます。

シーン

配信シーンを簡単に切り替えることができます。ライブ配信を行う時、事前に配信シーンを設定しておけば、ゲーム画面、カメラの画面、各種の映像ソースの切り替えはワンクリックだけで、簡単におこなえます。各シーンの中で、レイアウトをカスタマイズできるので、自由自在にお好みのシーンを設定することができます。

RECentral 4

ピクチャー・イン・ピクチャー(PiP)

ピクチャー・イン・ピクチャーとは、画面の中に、別枠で他の動画や静止画を配置する効果です。RECentral を使えば、Webカメラ・画像・動画・Webページ・テキスト・PC画面などをゲーム画面に重ねって表示することができます!配信画面を柔軟にカスタマイズできます。また、RECentral はPC画面のキャプチャー に対応しておりますので、用途が広がります。

RECentral 4

クロマキー合成

RECentral はクロマキーというWebカメラ背景除去機能を搭載しています。撮影用背景布(グリーンバック/クロマキーグリーン)を別途設置すれば、手軽に人物以外の背景を削除できます。驚くほど簡単に、動画合成を実現できます。

RECentral 4
RECentral 4

タイムシフト、ライブ編集機能

タイムシフトとは、バックグラウンドでゲームプレイを録画し続ける機能です。取り逃した動画をさかのぼり再生することができます。RECentral はタイムシフト機能を使った常時録画だけでなく、録画された映像を編集することができる「ライブ編集機能」も搭載しています。好きなシーンだけをまとめる簡易編集を実現します。