HOME > 製品情報 > キャプチャー製品 > GC553

GC553



GC553

特 徴

「Live Gamer ULTRA(型番:GC553)」 は、4K時代のゲーミングキャプチャー、Live Gamer
 ULTRA GC553。コンパクトで使いやすいUSB外付けタイプにもかかわらず、4Kp60 HDRパススルー/4Kp30録画/超低遅延/1080p240FPS対応/UVC対応など、最新の技術に対応したゲーミングキャプチャーです。


GC553:製品紹介ビデオ

購入
法人用途には法人向け機器をご用意しております。
くわしくはこちら

※ご購⼊前に、お客様の動作環境、および詳しい製品内容を必ずご確認下さい。
 確認方法はGC553の製品ページの仕様をご参照ください。
※製品に関するより詳しい情報をお求めのお客様は、以下のリンクより製品のクイックガイド、
 ユーザーマニュアル、もしくは仕様 / Q&Aページをご一読ください。
クイックガイド
「RECentral(RECentral 4 - PC版)」ユーザーマニュアル
仕様

4Kp60 HDRパススルーとUVC対応

録画できないからといって、4K HDRを諦める必要はありません。GC553は4K HDRのパススルーに対応。遅延なしで美しい映像のゲームをプレイしながら、4K/30fpsでの録画が楽しめます。さらに、GC553はUVCテクノロジーに対応。UVCをサポートしている環境であれば、接続するだけで自動的に認識します。ドライバのインストールなど難しい作業は必要ありません。


4Kp60 HDRパススルーとUVC対応

※動作システム要件を満たしていないパソコン環境では、本製品を正常にご使用になれません。

 ご使用の際には必ずGC553の要求仕様を満たしているかをご確認ください。

※NVDIA製のグラフィックボードをご使用ください。AMD製のグラフィックボードについては、

 GC553の仕様ページをご参照ください。

※グラフィックボード / CPU内蔵のハードウェアエンコーダ(コーデック:NVIDIA、QSVなど – 

 NVIDIAのご使用を強くお勧めします)、HEVC(H.265)を使用し、

   パソコンのパフォーマンスを向上することができます。

※H.265 エンコーダーは『RECentral』使用時のみ有効になります。

※GC553は4K HDRパススルー出力機能を搭載しておりますが、4K HDR録画には非対応です。

 解像度が4K未満の場合(例:1080p)は、HDR映像を録画することができます。

 また、HDRを録画する際は、必ず『RECentral』の「シングルモード」をご使用ください。

 詳しくはQ&Aをご参照ください。

※(2018年07月現在)『RECentral』はパソコン画面でのHDR映像のプレビューには対応して

 おりませんので、HDRを表示する場合は、GC553のHDRパススルー機能をご使用ください。

※録画したHDRの動画ファイルを再生する際は、『PotPlayer』というDXVA

 (DirectX Video Acceleration)をサポートしているサードパーティー製の動画再生ソフト
   ウェアのご使用を強くお勧めします。また、別途「madVR renderer」というプラグインを
   ダウンロード・インストールしてください。詳しくはQ&Aをご参照ください。

※HDRを表示する場合は、HDR対応のテレビ・モニター及びHDMI 2.0ケーブルをご使用
   ください。

※GC553の音声入出力はステレオ(2.0ch)に対応しております。

※本製品をHDMIケーブルで接続した際に、HDCP(不正コピーを防止する著作権保護技術)制限に

 より、映像の表示ができない(“HDCP” / 黒または青い画面 などが表示されます)、
   または正常に<録画・配信ができない場合があります。

※PlayStation 3、Androidスマホ・タブレット、映像機器(BD / DVDプレイヤーなど)を接続した

 場合は、HDMIから出力されるコンテンツにHDCPがかけられているため、映像の表示・録画・

 配信はできません。

 

超低遅延の4K画面

GC553は、USB 3.1インターフェイス、データ圧縮による遅延が無いソフトウェアエンコーディング方式を採用し、限りなくゼロに近い超低遅延(約0. 11秒)を実現。モニターのみでのゲームプレイや実況のときにも、より快適なプレイ環境を提供します。

遅延なしの4K HDR画面

※(2018年07月現在)製品の仕様上、(※『RECentral』の「シングルモード」を使用し、

 入力された解像度が4K/30fpsの場合)約0.11秒前後の遅延が発生します。

 遅延が気になる場合は、別のモニターなどに表示してをご使用ください。

 ※GC553を使って、パソコンの画面でゲームをプレイした場合、ご使用のパソコンの

  仕様 / お客様の設備環境 / コーデック /ビデオフォーマット/ 画面の表示内容などに

  より、動画のエンコードや処理速度が異なるため、発生する表示遅延量は異なります。

 ※製品のファームウェア及び『RECentral』のバージョンのアップデートにより、

  遅延が改善される場合があります。

 ※詳しくはGC553の仕様ページをご参照ください。

※GC553に搭載のUSB 3.1はUSB 3.1(Gen1)です。仕様上はUSB 3.0 と同じです。

 (USB 3.1 Gen1は、従来のUSB 3.0 からアップデートされた規格の表記であり、
   USB 3.0 と同じ仕様です。)

※GC553をご使用の際にはIntel製のUSB 3.1 ホストコントローラを使用することをお薦め

   します。詳しくは仕様をご参照ください。

ハイフレームレート録画

GC553で1080p/240fpsの画面をパススルーして、最大1080p/120fpsでの録画に対応。いままで以上のスムーズな録画を実現しました。高リフレッシュレートを求めるFPSゲーマーにオススメします。

GC553で1080p/240fpsの画面  

※1080p/120fpsを録画する、またはパソコン画面で1080p/120fpsの画面をプレビューする
   際は、必ず『RECentral』の「シングルモード」をご使用ください。

簡単設定、配信画面のカスタマイズが可能
専用ソフトの最新バージョン「RECentral」付属

RECentral(最新バージョン:RECentral Ver 4.x)は録画・ライブ配信・動画共有をするためのソフトウェアです。「シングルモード」「マルチモード」両モードを搭載し、簡単設定で、録画、配信画面のカスタマイズができます。各種動画配信サービス(YouTube、Twitch、ニコニコ生放送、Facebookなど)のアカウントを登録しておくだけで、すぐにライブ配信(マルチ配信対応)が楽しめます。ピクチャー・イン・ピクチャー(PiP)、クロマキー合成、ライブ編集など、多機能に対応しているので、自分で好きなレイアウトを作って配信することができます。簡単な設定で、プロのような実況者になれます。 多機能ながら直感的に操作でき、初心者からプロ実況者まで、幅広く使えます!


簡単設定、配信画面のカスタマイズが可能 専用ソフトの最新バージョン「RECentral」付属

※「RECentral」の機能紹介はこちらへ
※「RECentral」のユーザーマニュアルのダウンロードはこちらへ
※(2018.07月現在)「RECentral」はPC(Windows)にのみ対応しております。
※ 4K/30fps、HDR、高リフレッシュレート(1080p/120fpsなど)を録画する際、または
 『RECentral』の「マルチモード」(PiP機能 / ライブ編集機能など)を使用する際は、
 CPU使用率が高いため、ご使用のパソコンの仕様によってはCPUを100%占有してしまう
 可能性があります。その際は、グラフィックボード / CPU内蔵のハードウェアエンコーダ  
 (コーデック:NVIDIA、QSVなど - ※NVIDIAのご使用を強くお勧めします)、
 HEVC(H.265)を使用し、パソコンのパフォーマンスを向上することをお勧めします
 (または『RECentral』の「シングルモード」をご使用ください)。

※「RECentral」はRTMP配信にも対応しております。配信サービス側の「RTMP接続情報」を
  取得すれば、様々配信サービスにも対応できます(※但し、配信サービスの構成状況により
  正常に配信できない場合もあります)。

CyberLink製『PowerDirector 15 for AVerMedia(4K編集対応)』付属

せっかくの高画質4K動画、どのように編集するか悩んだことはありませんか?

GC553には初心者でも簡単に使える『CyberLink PowerDirector 15 for AVerMedia』が付属します。動画のカット、演出効果の挿入などこれだけで高品質な動画が作成できます。


PowerDirector15 for AVerMedia付属 PowerDirector15 for AVerMedia付属


※GC553には「CyberLink PowerDirector 15 for AVerMedia
 ライセンスキーコードカード」が同梱されています。
※動画編集ソフトウェア『CyberLink PowerDirector 15 for AVerMedia』は
 H.265(HEVC)またはHDRの動画ファイルを読み込むことができません。
※動画編集ソフトウェア『CyberLink PowerDirector 15 for AVerMedia』
 についてのお問い合わせは、サイバーリンク株式会社カスタマーサポート窓口に
 お問い合わせください。
※『CyberLink PowerDirector15 for AVerMedia(4K編集対応バージョン)』は
 完全版ではなく一部の機能が制限されています。
※ユーザーガイドのダウンロードはこちらへ

各部名称

各部名称 GC553 Avermedia
購入
法人用途には法人向け機器をご用意しております。
くわしくはこちら

※ご自身が権利を有するもの、または著作権者の許諾を得た素材で利用して下さい。 
 本製品を使用して録画したデータを、私的な目的以外で 著作権や他の権利者の承諾を得ずに
 複製、配布、配信することは、 著作権や国際条約により禁止されています。
※本製品は他社製の映像変換コンバーター/スプリッタ/分配器などに対応することを保証しません。
※「AVerMedia」はAVerMedia Technologies, Inc.の商標(または登録商標)です。 
※当社サイトその他パッケージ、マニュアル、カタログ等に記載されているすべての商標は各社
 の登録商標または商標です。 
※並行輸入品にご注意下さい: 
 並行輸入品には輸入元の国・地域が発行した地域保証が付与されますが、地域保証はその地域内
 のみが適用範囲となります。日本国内での正規保証が適用されません。現状、サポートセンター
 の人的・物的な対応余力、及びそれら海外仕様製品に係る技術的ノウハウ等の観点から、
 修理・メンテナンスなどのアフターサービスを行うことができません。また、これら並行輸入品
 のご購入に関するトラブルにつきましても、弊社では対応いたしかねます。ご理解のほど
 お願い申しあげます。